今回は、ジャズではないライブ日記。
サマソニ2016。
フェスは行ったことあるものの、サマソニは初めてだったが、、、
サマソニは最高だ!(一部例外あり後述)

このプチ引きこもり気味の私をフェスに連れ出したのは、Radiohead。
今まで観てきたライブが最高すぎたから、もうこれが最後のライブになるかもしれないと思いチケットを予約した。

8/21日曜、3daysの最終日。

この日はRadioheadだけでなく、昔はまっていたサカナクションも出演!


我々は、11:00のゴールデンボンバーに合わせて、10:00に海浜幕張駅着。
既にこの混み具合。当然、電車の中も満員御礼。

IMG_4056



天空へ向かって歩く人々
IMG_4058

友人が遅刻したおかげで、会場に着いたのは11:30頃。
ゴールデンボンバーは2曲くらいしか観られなかった。

IMG_4060

金爆はさすが楽しそうな雰囲気あったけど、
個人的にはあまり興奮はしなかった。
会場後方だったからか、それとも生演奏ではないからか?
やっぱり僕はあのバンドの生演奏の緊迫感が、ライブ感が好きなのかもなと再認識した。


会場内ではアート作成に勤しむ人々も。
IMG_4062


開放感!
Seaside Village
ここが、ザ・フェス!みたいな雰囲気あって、最高に気持ち良かった。

IMG_4098

IMG_4065

IMG_4073

タイコ叩き放題を楽しむ友人。(遅刻してない方)

IMG_4067



BEACH STAGE!!

IMG_4087


残念ながら水着ギャルは見なかったけど、雰囲気は夏全開。
ブラジルのスポーツで、テニスとバドミントンの間みたいなやつも体験。

IMG_4086


13:30頃、
MARINE STAGE(マリンスタジアム)に移動し、
スタジアム席バックネット裏に座って、
THE YELLOW MONKEYを待つ。

イエモンの前のバンドは音でかくて、嫌い。
大体ヘボいバンドって音でかいんだよな。
でも周りは盛り上がっていたから、ただの好みの問題なんだなと思った。
だから、訂正。
大体僕の嫌いなバンドって音でかいんだよな。


そして、そう。
ずっと思ってたんだけど、サマソニ超暑い。。。
特に、屋根もないこのマリンスタジアムは、灼熱。
体力を奪われる。
水分補給もしてたつもりだけど、途中から少し頭痛かった。

私は、どうしても気になっていた元ちとせを観にGarden stageに戻る。

移動中、こんな素敵な光景も。。。
IMG_4097


15:30開始ぎりぎりに着いたけど、人はまばら。超前方に行ける。
思えば、初めて元ちとせを好きになったのも幕張だった。
オーガスタキャンプのライブがマリンスタジアムであって、当時大学生だった僕は
バイトで客製最前列でステージに背を向けながら、立っていた。
(そういえばそのすぐ近くに中学の同級生がお母様と来てたな)
その時に元ちとせの歌声を生で聴いて、その歌唱力に魅了された。

そして、登場。
三線を手にしている。

IMG_4099

コトノハ
から始まって、
いつか風になる日
ワダツミの木

など、ヒット曲もやってくれた。


IMG_4102

頭のてっぺんから、指先から、つま先まで、体全身で、歌声を発していた。
まさに全身全霊で表現しているという感じで、その姿、その声に非常に感動した。

あと、戦争を忌み嫌うような歌を2曲くらい披露しており、
強い感情表現を感じたが、それはあまり。。。という感じだった。

サポートバンドは、UQIYOというバンドで、
結構エレクトロ的な感じで、かなり個性的だった。
なんか順当にいけば、僕みたいな素人がアレンジしたら、
アコースティック感のあるバンドをバックにしてしまいそうだが、
意外に元ちとせのオーガニック感との相性が良かったと思う。

そして、急いでマリンスタジアムに戻る。
イエモンがやってる。
再結成のイエモン。
吉井さんが未だに活動し続けるローリングストーンをロンドンで見て、
メンバーに再結成を持ちかけたのだと仰っていました。

そして、サカナクション。
少し遠いけど、スタジアム席からクリーンに観るという戦略を取った。
これから、サカナクション⇨レディオヘッドと長丁場なのに
アリーナ前方に行って、ぐちゃぐちゃになって、トイレ行きたくなったらどうするとか
前に頭デカイやつ来て視界塞がれる心配もないし、と思っていた。
でも、スタジアム席、サカナクションが始まったというのに、
誰も立たない。。。座って見ている。
こんなんじゃ、ノれない!つまらない!

ということで、アリーナ席に入るにも長蛇の列があるというのを眼前に確認しながらも
サカナクションが始まってから、移動開始!!

この移動が大正解。
やはりアリーナの臨場感は、こりゃ全然違う。
楽しい!で、結構そこそこ近いところまで行ける。

で、サカナクションはやっぱすごいなー、いいなー、かっこいいなー!
音楽も演出も素晴らしい。一時期ハマって少し遠ざかっていたけど、またウォッチしていきたい。
英語の発音めっちゃいいMC曰く、Radioheadの前のサカナクション登場は、
Radioheadの指名なのだとか!すげえ、魚。
山口一郎は、終始笑顔で、観衆と音楽を楽しんでいた。
僕はそこに好感を覚えた。

サカナクションが終わるとすかさず、
かつての明治大学ラグビー部のスローガン"'GO FORWARD"のごとく、
欲丸出しでステージ前方を目指して前進!!

19:00過ぎ頃、Radioheadスタート!!!

IMG_4108

Radioheadって毎回ステージセットもかっこいいんだよな。
序盤は、最新アルバム「A Moon Shaped Pool」から多めの選曲。

なぜかここ数年、サポートドラムとしてPhil Selwayと同じ頭のシルエットをしたおっさん。
難しそうなドラムは、その影武者に任せて自分はひたすら自分のできることに専念する?Phil Selway。
ドラムの横にピタリと付け、下支えする職人、Colin Greenwood。
凛と構えて背筋のいいナイスガイ、Ed O'Brien
やんちゃなギタリスト、Johnny Greenwood
そして、Thom Yorkeは、特にMCは精神異常者そのもの。何を言っているか全然わからない。ライブ中に機材を運ぶスタッフに「A, douzo---」って日本語をかましてて笑えた。

ああ、変わっていない。
大好き、このバンド。

個人的に印象に残っている楽曲は、
2+2=5
Airbag
Lotus Flower
そして、ラストを飾ったStreet Spirit。
あ、そうそうCreepもやったんですよね。
でも僕は最初こそこの曲好きだったものの、
今は他にも超好きな曲あるので、他の観衆ほど特別な感情を持って、
この曲を出迎えたわけではなかった。
周りは超興奮していたけど。

でも、
Paranoid Androidとか
Exit Musicとか
も聴きたかったなー。
また観れるかな、Radiohead。

そして、21:00過ぎ頃終了。

超足痛い。
そして、超腹減ったし、喉乾いた。。。
スタジアム出て即、Papicoレモン味、Qooりんごジュース300mlをソッコー飲み干す。
次に会場付近の出店で食糧を求めたが、どこも「フード売り切れ」の文字。
まだ配給がある出店は、どこも20人ほどの列。
やっと牛肉丼を手に入れ、カッコんでいたが、片付けるからどけという運営側のアナウンス。
世知辛い。


で、帰りが最悪だった。。。

IMG_4110


海浜幕張駅は入場規制状態。
痺れを切らして、JR職員に悪態をつくおバカちゃんも発生。
これはJRが悪いのではなく、サマソニ運営が悪い。

で、ぼくはこんなTweetを。

ホント事故起きて、怪我人出てもおかしくない状況。
会場から有料シャトルとかを東京都心とかまで出せばいいのに。
何年サマソニ運営しているのでしょうか。

他にも会場内外でムダな人員配置も見られたし、テロ対策の気配もゼロだったし。
まだまだな部分もあると感じましたね、運営的には。


でもでも、サマソニのあの雰囲気は素晴らしいことには間違いないですね。
また行きたいなー。だから運営を改善してください!ぜひ。