30歳からジャズに熱中したらどうなるのか実験室

いい大人になってからジャズギターを本気で愛してしまった痛い男のブログ

カテゴリ: その他


実は、私、男でありながら、
あまり世の男性が興味のなさそうなもの=どちらかというと女性の方がマジョリティのもの
に興味を持つことが多いのです。
別にゲイでもオネエ系でもないのですが。
(この謎のヒントが今回の占いにありました!)

ヨガとか、整体とか、ヘッドスパとか、ロクシタンとか、オシャレなカフェとか。
高校も英語科で、女子35人/男5人という稀有なクラスに所属してました。

そして、占いです。

元々は占い信じない派で、あまり興味がなかったのですが、
オーラの泉という番組にハマり、橋本京明さんをTVで拝見して
「スピリチュアルな世界って本当にあるんだなあ、すげえ。」
と思うようになり、興味を持ち始めました。
それと周りの友達でも(全員女友達ですが)、
巷の占い師に言い当てられたという話を聞いていたので、
いよいよこれは本当だと思うように。

(↓オーラの泉、須藤元気さんの回とか目から鱗・・・)


その人がどういう人か、どう生きていったらいいかということを
その人の前世(ルーツ)に遡って分析していく。
本人しか知りえない部屋のことやら、過去のことなどなどを言い当てて
驚かれている光景を目の当たりにして、いいなぁと思ったものです。

僕は、自分の将来のこととか、いつ結婚するかとかを聞きたい訳ではなくて

自分がどこから来た人間であるか、
どういう人間であるか、
自分で気づいていない才能がないか、

というようなことを教えてもらえたら面白いなぁと思いました。

なんか「あなたはこういう人間ですね」って言い当てられたい欲求ってありませんか?
心理学で言うところの「ジョハリの窓」というやつをすべて言い当てられたいみたいな。

(ジョハリの窓についてはググるか、植木理恵さんの著作でどうぞ)



実は、電話占いや町の占いで見てもらったことが数回あります。
恥ずかしくてあまり人に言ってないのですが、
ええ、もうここでは正直に言いましょう。

ちなみに、町の占い屋さんの店の待合室は女性客ばかりで
完全に僕は浮いていたと思います。。。


どんなことを相談していたかというと、
  • 今、引っ越すべきか
  • ウマの合わない友達がいるがどうすればいいか
  • 彼女はどういう人間なのか
  • 自分はこういう生き方をしたいかどうか
etc。

これらの占い師さんは大体単価で言うと10分1,000円くらい。

当たっている!と思うことがある反面、
半分くらいはあんま納得いかないって感じでした。
まず、最初に名前と生年月日を記入させられた上で、
「今日のご相談は?」と聞かれるんですよね。
で、人間関係の相談すると「その人のお名前と生年月日は?」
仕事の相談すると、「会社名は?」となる。

違う!

TVで見た江原さん、美輪明宏さんはそんなの聞かないぞ!
ご相談内容は?と聞かれる前に、核心に迫って来るぞ!


そこで私の理想の占い師さんをググって探すことに。
でも、評判が良くて単価が高い人は大体予約制限があったりで
探すの苦労しました。
やっとこさ、渋谷区某所に非常に評判が良く予約できる占い師さんを見つけました。

1時間15,000円!(10分2,500円)
そしてなんと予約できたのは10ヶ月先
しかもHPも綺麗だし、実際に相談した方々のレビューもいい感じ。
これは期待が高まります。
しかも予約者にはメルマガが送られてくるのですが、
それが結構グッとくる参考になる内容なんです。


そして、先日その占いに行ってきたんです。

主に聞いたことはこんな感じ。
  • オーラ、前世
  • 自分はどういう人間か
  • 今後の生き方、働き方
  • いつか会社勤めを辞め、独立したいと思っているが・・・
  • 私が九州とフランスに感じている郷愁は何か
  • 音楽を追求していきたいのだが・・・

教えて頂いたこと

オーラは緑(平和)と白(奉仕、平和)。

で、僕の前世はどうやらイギリスの女性だったようです!笑
イギリスの牧場の大家族の一員だったと。
(フランスじゃなかったかと少しがっかり)
そこで、家事を取り仕切っていたようです。
これで、冒頭に書いたような自分の中にある女性ぽさがわかった気がします。

今の私は、競うのが苦手で、協力して物事をやりたい人間だ、と。

音楽について伺ってみると、音楽の才能あります、と!
あなたは前世でもギターを弾いて歌っていたと。
マジかと思いましたが、その日僕ギターケースを担いで参上してたんですよね。笑
まぁ、僕の邪推だとは思いますが。。。

仕事は、社会のため、地域のためになる仕事や、
人の心を癒す仕事、または教育が向いているとのこと。
NPOとかマッサージとか薦められました。
(この辺は結構納得できる。)

一方、僕がフランスや九州に抱くこの特別な気持ちは、
どうやら気のせいだったようです笑
明確な答えが得られませんでした。



受けた直後の感想
期待が大きすぎたのか、う〜んという感じでした。
なぜなら、相談に際して聞かれた内容は今までの占い師さんと一緒だったからです。
(名前、生年月日、他人の名前、生年月日、会社の名前etc)
あと、たまに歯切れの悪い回答も返ってきたりして。

でも、改めてブログに書いて振り返ったことで、
半分は参考になったということで感謝したいと思います。
でも他のすぐ占ってくれる単価のもう少しお手頃な占い師さんとの違いは・・・
僕には見いだせませんでした。

占い師さんといえど、万能ではないのかもしれませんね。
江原さん、美輪明宏さん、橋本京明さんみたいな人は
本当にトップレベル中のトップレベルなのかも。


で、

今はもう占いには、あまり興味がありません。
今、私が新たに情熱を注ごうとしているものは、(今度ブログで書きます)
どの占い師からも指摘されたことがないし。

結局、自分の直感が第一なのかなと思っています。
直感というと聞こえがいいですが、平たく言うと
自分が「こうしたい!」と思うものです。
それに素直になって傾倒することが一番大事なんじゃないかなと。



今回一番わかったことは、

自分がやりたいこと、感じていることがあって、
それを他者に否定されても、自分の中に残り続けるものなら、
それはもう本物と思い込んでいいのではないかということ。
それがどんな相手であっても。
占い師であっても
先輩であっても
尊敬する人であっても。

ということ。

僕は今まで、どちらかというと世間一般のレールに乗ってきた人生でした。
これからは、Inner voiceに従ってみたいと思っています。



↓美輪さんや橋本京明さんにご興味があれば!
特に正負の法則は、人類皆、絶対に知っておくべきだと思います。






今度ブログにまとめたいと思っていますが、
音楽と真に出会ってから、
自分の生き方、働き方に対する観念が大きく変わろうとしています。


その一環で、アーティストの友人が初めて開催する個展のお手伝いをしているのですが、
(ボランティアです)
そのプロモーションのために、動画を作ってみてはどうかと提案し、
1週間弱の時間を費やし自分で作ってみました。

アーティストは、A-nya.PoPo(アーニャポポ)というイラストレーター、絵本作家です。




動画はこちらです。


Macに標準搭載されている、iMovieで作りました。
これ、すんごいおもしろいですね!
一人でおお!とか言いながらワクワクしながら作ってました。
途中で「やべ、どうやってまとめよう」とか「どこを切ろう」とか
不安になることもありましたが、総じて楽しかったです。

その道の方々から見れば、へぼいとことかたっくさんあるんでしょうけどね

もしよろしければ、見てみてください!
そして来週開催される、A-nya.PoPoの個展にもぜひ遊びに来てください

https://www.facebook.com/anyapopo/


おかげで、この一週間はギターを触る時間が少し減ったけど。。。
いかんいかん!!


動画のワンシーンです↓↓







さて、というわけでEric Clapton先生の衝撃があってから
アドリブ演奏、インプロビゼーションの世界に突入するわけですが、
インプロビゼーションに興味を持ったのはEric Clapton以外にもありました。

私が初めて楽器を手にしたのは、中学の時だったと記憶しています。
今でも大好きですが、ラルクのかっこよさにシビれて、ギターを買いました。
高校に入ってからは、tetsuの影響でベースを始めます。
高校、社会人とコピーバンドを持って、ベースを担当していたのですが、
楽譜通りに演奏することに違和感を感じていまたのです。

もちろんバンドで楽器を一斉に演奏する気持ちよさも当然あるのですが、
自分のオリジナリティが無いことに疑問を感じていたのでしょう。
有名ミュージシャンのカバーをやる時も、
クレナイジプシーという福岡のバンドのオリジナル曲のサポートをやった時も
(結局表舞台では演奏することはありませんでしたが)、
できるだけ人真似に終わらないよう、オリジナルのフレーズを入れていました。

しかし、それもすごく狭い知識の中での抵抗。
己の無力さがもどかしくて、より広い表現の世界へ飛び出すことを渇望していたのかもしれません。

そして、私がジャズギターを始めたのは2010年、26歳の時。
ネットで先生を探し、習い始めました。

今思えば、Eric Claptonに憧れたのなら、ブルースやらロックから入ればいいと
思うのですが、 なぜかジャズから入ってしまったのは、
ジャズへの憧れもあったからです。

それに、【アマチュアのおっさん】×【ロック】というのもなんだかなと感じてました。
失礼極まりない話ではあるのですが。。。

アマチュアバンドのライブもちょいちょい見に出かけたりしていたのですが、
中年のおっさんたちが「ロケンロール!!」とか言ってノリノリで演奏していても
正直ピンとこなかったんですよね。
(もちろんロケンロールおじさんたちはそのままでいいのです。
自分がやりたいことをやるのが一番。ただ僕がそれを見に行きたくないだけw)

だから、自分が歳をとってやる音楽は、これではないなと思ってました。
やっぱシブいおじさまならジャズでしょ、という安易な発想です。

それに、自分が好きなアーティストを考えると、

大橋トリオ



東京事変


など少なからずジャズを感じる楽曲、アーティストがすごく好きでした。

というわけで、ジャズを習い始めたのですが、
なかなか上達しない。。。。。。



続きはまた、明日にしよう。



てか、書いてから、無名甚だしい僕がこんなこと書き連ねても意味ないな〜と思ってしまった。。。
もうちょっとコンテンツとタイミングを見極めてから書こうっと_φ(・_・


紹介したアーティストのおすすめ音源はこちら。

Clapton Chronicles: The Best of Eric Clapton
Eric Clapton
Warner Bros UK
1999-10-08


珠玉の名曲集。まさにベスト盤!wonderful tonightはこのバージョンが一番好きです。

THIS IS MUSIC
大橋トリオ
パッチワークスレーベル
2008-07-02


大橋トリオさんは、初期の頃ほどジャズの色合いが濃い気がします。
The Music Around Meとか。
今、改めて久々に聞いたけど、やっぱりイイ!
ジャズの名曲を聴いているみたい。



私は現在、会社員です。
大手メーカーでマーケティング的な部署にいます。

この会社で働いて、もう10年目になるわけですが、 
だいぶ自分という人間が変わったと自覚しています。
特にこの2016年に入ってから、大きく変わりました。

今までは、
「仕事こそ人生の賭けるべきところ」
「仕事こそ漢の命を張るところ」
という意識で仕事第一で時間と労力を注ぎこんできました。
うちの会社の事務系の中では、残業もたくさんしてきた方だと思います。

しかし、今年から残業はやめました。

今、自分にとって一番大事なのは、
ジャズであり、
音楽であり、
それに参加するためのギターである、と
自分の真の欲求を知っているからです。
 
この変化は「仕事」から「趣味/余暇」へのシフトといったものではなく
仕事の中身自体が変わってきたのだと思っています。

仕事は英語では、work。
workとは「労働」としての仕事という意味の他、
「勉強」や「作品」といった意味がありますよね。

ゆえに、私にとってのworkは、労働から音楽になったのだと思います。

私は音楽が大好きです。多くの人がそうであるように。
好きなものをなぜ好きか、ということを説明するのは、なかなか難しいですが、
魂のこもったメロデイや伴奏、フレーズに接すると言いようもない感動があるからだと思います。
時に感情を大きく揺さぶり、涙を誘われます。

ジャズを演奏しようという扉を叩く最初のきっかけは、Eric Claptonでした。

もちろんクラプトンはジャズミュージシャンとは言えないでしょう。
しかし、最初に私にアドリブ演奏、インプロビゼーションの魅力を見せつけたのは
YouTubeに数多くアップされる彼とバンドのライブ映像でした。



この映像、サイコーです。
まるで「神々の戯れ」のような。。。。
これが羨ましくて、「僕も仲間とこうやって気持ちよくなりたい!」
そんな憧れでインプロビゼーションの世界に歩み始めました。

思ったよりも長くなりそう。。。

ということで続きは明日にします。


↑このページのトップヘ