30歳からジャズに熱中したらどうなるのか実験室

いい大人になってからジャズギターを本気で愛してしまった痛い男のブログ

カテゴリ: その他


私は「音楽を聴くことは弾く練習と同じくらい大事」という先生の教えを信じ、24時間音楽態勢を敷いており、どんな時でも音楽を聴くようにしております。 移動中はもちろん、料理中、シャワー中、トレーニング中などなど。そしてなるべく良い音質で聴きたいと思っております。そのためにBluetooth対応で良い音質かつ防水のスピーカーが必需品であります。

第1号として3年前からこのスピーカーを使っています。

毎日のようにシャワーで使っていますが、未だに問題なく稼働しており、シャワールームでなく室内での音質も全然満足、充電15時間持つ、ということで重宝しております。ただ、1つ気に入らないポイントがあって、ペアリング済みのデバイスが2つ(例えばiPhoneとMacBook)あるとして、片方と繋いで一旦使い終わって、その後もう片方のデバイス(例えばMacBook)と繋ごうとするとき、わざわざデバイスのBluetooth設定画面でスピーカーをタップして選択して、繋ぎ直す(=ペアリングとは違う)という作業をしないと繋がってくれないんですよね。これがちょいとストレスで。。。

あとは見た目があんまり好きじゃないのと、僕の保管の仕方が悪いのでしょう、金属パーツが少し錆びてきたと言うこともあり、新しいやつが欲しくなりました。一度ペアリングしたデバイスならすぐに繋がってくれる機能があって、音質ももう一段階上で、と。

散々探した挙句、SONYのSRS-XB10を買いました。


IMG_8259


このように縦にも置けるし、
IMG_9553

付属のストラップ兼台座に置けば横にも置ける!

IMG_8261
<PROS>
  • 一度ペアリングしてしまえば、複数デバイスが自動的につながる(注:もちろん複数同時という意味ではありません)。なぜか初期は、先のTaoTronicsと同様にわざわざBluetooth設定画面に行かなくてはならない事態が発生しましたが、今は解決されております。小慣れてきたのか?機械だけど。笑
  • 音質が良い!シェアハウスの大きいリビングでも、据え付けのスピーカーから音が出ていると人が間違えるくらい。このスピーカーを2台使ってステレオモードにもできるみたいですが、僕は1つしか使っていません。なのにこれだけの音質というのは素晴らしい!
  • 周りからの評判が超絶にいい。みんな音を聴いてこのスピーカーに注目してきます。で、値段を言うとさらにびっくりされます。
  • 見た目がかわいい。
  • 縦にも置けるし、横にも置ける。
  • 充電が16時間も持つ。
  • 比較的安い。
  • ゴムボディだから傷つきにくくガシガシ持ち運びできる。
<CONS>
  • Bluetoothでデバイスと接続した時のお知らせ音がアホみたいにデカイ。なんでこんなにデカイ必要があるのか...言葉は悪いがウザい。
  • 音量マックスで、ウッドベースの音源になると、ベースが割れがち。

当初、BOSEのSoundLinkを考えていたのですが、SRS-XB10にしてよかったです。


購入にあたって自分で作った比較表です。ご参考に!(クリックすると大きく見られます)
スクリーンショット 2018-05-10 14.10.53


音楽、仕事、フランス語など、日中のパフォーマンスを上げるために、睡眠を改善しようとした話を3ヶ月前の年初にブログに書きました。



その時の一番大きい金額的投資はスマート電球のHue(PHILIPS社)でした。


IMG_8469


こやつはシングルグラテーションというやつで、普通のHueみたいに、赤だの青だの緑だのというパリピ的な色は出ませんが、僕にはそれで十分!僕はスターターキットではなく、単品で買いました。スターターキットには、電球2個とリモコンみたいなのがついてるんですが、電球は1つで十分だし、操作はスマホからできれば十分だしと。


僕が電球ごときに1万円をHueに投資したのは、夜になったらどんどん照明を段々と落として体を睡眠に向けてクールダウンしていくこと。それと朝は太陽のように僕の目をバチっと覚ましてくれることでした。こうして睡眠の質の改善を狙っております。



さて、3ヶ月使ってみての8つの感想です。

(1) 朝の目覚め
指定した時間に向けてゆっくり光が付いてくれるので、眩しさで目は覚めます。しかし、僕の睡眠欲は相当強いのか、照明に目を背けて二度寝します。つまり、目は覚ますけど、それで起きられるかは別問題になっちゃってます。。。でも仕事などでどうしても起きなくてはならない時は二度寝しないでそのまま起きるので、遅刻をするリスクというのはだいぶ軽減されていると思われます。


(2)夜の穏やかさ
夜暗くなってから、部屋の照明も落としていけるのは気分的に落ち着いていい感じです。ただ、僕的には20:00くらいから就寝時間の24:00に向けて、自動的に徐々に落ちていって欲しいのですが、自動的に落ちるっていうのは最大60分しか設定できないんですよ。弱い...


(3)Siriとの連携
これはすっごくいいです!「Hey Siri、照明を50%にして!」と言うと、照明がすーっと変化するんですよね。これは快適だし気分がよいもんです。


(4)シチュエーション別設定
リラックス、読書、集中、刺激、サバンナの夕陽、熱帯の夕暮れ、南極光、花の咲く春、光いっぱい、和らげる、ナイトライト、というのがデフォルトで用意されていて、青白い光と暖色系の光を混ぜ合わせてシーン別の照明にできます。これ、最初は割とワクワクしたんですが、僕は普段あんま使わないですね。自分で創ったり、デフォルトのものをいじったりもできるみたい。でも、このブログを書くために久々にいじってみたら、やっぱり光の具合のよって、気持ちが変わるのがわかるので、いいのかもしれない!もっと活用しようかな。

 
IMG_8470



(5)誤作動がある
なぜか夜、完全消灯した後、すぅっと勝手に電気がついたり、日中に何も操作してないのに突然照明が暗めになることがあります。これはうっとおしいですね。アプリもちゃんとアップデートしているのですが...


(6)元電源をOFFして、ONすると、照明度100%に戻ってしまう。
例えば、夜に照明度を20%とかまで落としてて、シャワー浴びに行こうと部屋を出るとき。僕は、癖で元電源(壁についているあのスイッチ)をオフにしちゃうのですが、それで帰ってきてスイッチオンにすると、100%で付けやがるんですよね。前の設定のまんま付けろや!と思うんですが。。。弱いなぁ。ま、でもそれは僕の求めすぎでしょうかね?

IMG_9280


 (7)お出かけ/ただいま設定がイマイチ
Hueはスマホの位置情報を使って、家から離れたら照明OFF、部屋に戻ったら照明ONという機能があります。家から離れた時は消してくれているみたいです。なぜそれがわかるかというと、照明をつけっぱなしで外出して、帰ってきたら照明が暗いまんまだからです笑。つまり、帰宅時にちゃんと照明ONで僕を迎えてくれないのです...。弱いなぁ。結局自分でスマホでつけてます。


IMG_9281



(8)友人ウケがいい
僕は普段あまり人を呼ばないですが、ホームパーティーをよくする人とかにもいいかもしれないですね。



IMG_9283
(電球以外のソケットなどは自前で用意しなくてはならないのでご注意。市販のやつがあれば全然大丈夫ですが)



今のところHueのおかげで睡眠の質が改善したとは胸を張って言えないところです。。。上記の通り、まだまだ機能的に残念なところもあるし。ま、でもシチュエーションに合わせて照明の細かい調整ができるのはやっぱりいいかもです。




作年末、2017年を振り返り、今年の目標を思索しました。それを、WOOPという方法で整理して、ブログで公開=パブリックコミットメントしたいと思います。WOOPとはWish、Outcome、Obstacle、Planの略です。

音楽、フランス語、ブログの3つのテーマで立てました。


1)音楽
Wish:
12月にリーダーライブを開催する

Outcome: 
自分の音楽の成長曲線をマックスにする

Obstacle:
練習すべきことが多岐にわたりすぎて混乱して手につかなくなる

Plan:
ステージありきの練習を優先する。
月1で課題曲の決まったセッションに参加する。
9月に浅草ジャズコンテストを記念受験してみたい。 


2)フランス語
Wish: 
フランス語のレベルアップ(もっと具体的に....!!!! DALF C1とか言いたいけど、ちょっとなぁ。考え中。)

Outcome: 
自分の特技を伸ばすため。
夢であるフランス移住のため。

Obstacle:
時間がないと言い訳する。

Plan:
フランス語のかわいい(!?)先生をSkypeか東京で見つける!
大好きなフランス映画のディクテーションを2ヶ月に1本丸々行う(=年6本)。
仕事でフランス語のブログを担当する。


3)ブログ
Wish: 
ブログの一日平均PVを12/31までに10倍にする (130->1300)

Outcome: 
アウトプットやサマリーする癖をつけて高学習効率体質を作る。

Obstacle:
時間がないと言い訳する。PVという成果に繋がらない。

Plan:
いろんな人のブログを見て良いところを盗む。
毎日更新する。
そのためには1エントリに対して完璧を求めず時間を決めて仕上げる。
電車に乗ったらスマホを出してLINEではなく、ブログを書く。



さらに、1月は超重要だということで、、、

1月だけ頑張る目標!
Expressive Writingを寝る前に毎日1分でもやる!



他に、瞑想の習慣化も掲げたいけど、別枠でそれはやっていきたいと思います。


年初から風邪ひいて出足つまずいたような感じはしますが、今年も良い年になりますように!




弟が失踪したかのように見えるという事件があり(実際には何の事件性もなく弟のただのドジだったわけですが)、心が急に家族を感じたいと思ったようで、半年ぶりに実家に顔出しに行くことに。

正直、未熟な僕は、実家に帰っても特にやることないし、生産性もないので、ここ数年、実家に帰ることにあまり意味を感じていませんでした。しかし、今回はなんか違った。


<緑>
約2時間電車に揺られて実家の最寄駅に到着し歩いていると、まずたくさんの緑に目を奪われました。普段都内のコンクリートジャングルに住んでいて、やはり緑や自然が不足しがちですね。GO WILD、何とかせねば...。


<祖母のヒント>
そして自分の祖父母で唯一まだ元気に存命の祖母のマシンガントークも、ヒントがたくさんあって面白い。祖母は習字の師範代で、高齢になってから講談も始めて今でも舞台に上がったり、脚本を書くまでになっているというから驚きです。政治的な思想は自分とは一切相容れないのですがw、そんな祖母の言葉で今回心に残ったのが、こちらです。

プロはミスしてもミスに見えないようにするのがうまい。
これは本当に最近自分も痛感することで、うまい人と未熟な人の決定的な差の一つはこういうところだと思う。未熟な人は失敗すると、照れ隠しなのか顔に出しちゃいますよね。それと同じメンタルの話として、未熟な人は自信ない的な卑下的な発言をして自分を守ろうとする。上達すればミスの照れ隠しも、卑下的発言も無くなるのかもしれませんが、逆にこういうメンタルが上達を妨げているということはないでしょうか。この考えから、どっちもすごく気持ちはわかるのですが、僕は最近こういったことを一切しないように心がけています。

どんなに強そうな人に見えても、心の中を見ていけば皆に共通している弱い部分がある。人は誰でも愛されたい。
なんかグッときました。音楽という芸術にはまっている人間として、また、人間関係にまだ日々悩まされてしまう一個人として。


そして、こういう芸達者な祖母の血を継いでいるなら、僕にもきっとジャズギターできるはずだと都合いい勘違い材料を得ることにも成功しました。


 <家族の温かさ>
そして、半日実家で過ごし、カレークリームフジッリをランチで作り、久々に良質なお肉で焼肉をし、父親と長男あるあるなのでしょうか直接的なコミュニケーションがぎこちない父との絶妙な距離感、天然気味の母、気のおけない兄弟姉妹とのやりとり、かわいくて仕方ないチワワちゃん。このなんともいえない、何にも変えがたい家族のありがたみを久々に実感しました。


↑久々に会ったら、僕から逃げたり吠えたりしてツンツンしてきたかと思えば、急に盛りがついて必死にマウンティングの対象として追いかけてきたりするツンデレなチワワ。



僕は割と打算的なので、こういった体験も全て音楽の肥やしにしたいと考えてしまいます。この日はあまりギターを触る時間がありませんでしたが、いい肥やしを手に入れました。


All for music, Music for all.


最近の自分のFavorite wordです。



赤坂にある会員制のレストランに行ってみました。

ここWagyumiafiaは、ホリエモンが和牛の素晴らしさを世界に伝えるために作った
Wagyumafiaというアンバサダーユニットのお店だそうです。
シェフは、ホリエモンではなく永山さんというイケメン。

9月から有料会員制になるそうなので、無料のうちに行ってきました。

8000円の定番コースをオーダー。
最初から最後まで和牛です!

カイノミの刺身
IMG_3983


尾崎牛のスジで出汁をとったスープ 
IMG_3986
IMG_3985 ⇦器も綺麗


尾崎牛の三角バラの刺身
 撮り忘れてた。。。


中バラ肉のビーフシチュー
IMG_3987


カイノミ、外もも、バラの焼肉
IMG_3988


しゃぶしゃぶ(+〆はラーメン)
IMG_3989

IMG_3990


使われている牛肉は、尾崎牛というらしく
「あれ、尾崎ってどこだっけ?」と話してたら、
尾崎って、人のお名前、生産者のお名前だそうで。
日本で初めて人の名前の付いたブランド牛肉だそうです。

尾崎牛リンク

宮崎県なんですね。

お店は、台風が来てる8月のお盆の平日でしたが、満席でした。

美味かったなー。
有料会員には、僕はなりませんが。。。


↑このページのトップヘ