30歳からジャズに熱中したらどうなるのか実験室

いい大人になってからジャズギターを本気で愛してしまった痛い男のブログ

カテゴリ: ライブコンサート感想文


3/2金曜 ロイ・ハーグローヴ・クインテット@ブルーノート公演に行ってみた。

IMG_8793
I


僕のロイ・ハーグローヴとの最初の邂逅は、サキソフォニスト、マーシーさんの池袋でのライブ。そこで初めて聴いた「Strasbourg St.Denis」があまりにかっこよくて、それでロイ・ハーグローヴを知った。


その曲が収録されている「Earfood」ってアルバムを聴いてはいたものの、僕がちゃんと覚えているのはその一曲だけなのですが、このブルーノート公演を知って、行きたい衝動に駆られました。それだけあのStrasbourgを好きなのでしょう。


でも近頃忙しいので、そんな贅沢な時間を許していいのだろうか...と迷って、予約は結局当日の午前。予約番号は80番台。いつもの優柔不断。


ま、とにもかくにもやっぱりロイハーグローヴを生で聴いてみたいと思ったし、それに、ピアノはなんとあの海野さん!実際は、「なんとあの海野さん」と言うほど知らなくて、NewsPicksかなんかで、ニューヨークで活躍する日本人ピアニストというインタビューを読んで知っていたというだけなのですが、このロイ・ハーグローヴのグループに日本人がいるってシビれるわー。 


IMG_8801


開演時間21:00を少し過ぎた頃、プレイヤー達がステージへ。


これが、ロイ・ハーグローヴか!

なんか思ったより歳行ってる感がある。。。特に歩き方がじいさんぽい。でもまだ48歳じゃん!この歩き方をしているのは、足が悪いとか??それとも...


でも、ファッショニスタと呼ばれるだけあって、めちゃオシャレ。ベロアぽい生地で薄水色の上下セットアップに蝶ネクタイを付け、かわいいサングラスをかけている。


メンバー全員シャツにジャケット着用。ドレスコードでもあるのだろうか。


曲はほぼわからなかった笑

Strasbourg St.Denisはやらず!だからセットリストもよくわからず。アンコールでやった、Bring it on home to meはキャッチーだから直前の予習で覚えていたけど。


でも、Rhythm Change(循環)を聴けたのは嬉しかった!この曲だけ、Tシャツでおもしろメガネをかけた黒人のお兄ちゃんがステージに急に上がってきて、海野さんに代わってピアノを弾いた。この人誰?笑


MCはほぼなし、本編とアンコールの間もほぼステージを降りず、22:30頃まで一気に演奏は続いた。


最後の曲は、ロイとサックスが吹きながら客席を回ってそのまま楽屋に去り、続いてドラマーが去り、ベースが去り、そして最後に残されたピアニスト海野さんがソロを繰り広げて終わった。で、そのまま公演終了!!この最後の海野さんのソロ演奏がかなりグッときた。



ロイハーグローヴは、トランペットだけでなく、フリューゲルホルンに、ボーカルもやってた。よくわからないけど、あまり音を並び立てて、吹き倒す人ではないのかな?どちらかというと少ない音で歌う人という印象。対照的にサックスの人が吹き倒す人だったから、そのコントラストがおもしろかった。テンポのめっちゃ速い曲もあったのですが、確かロイハーグローヴはソロを取らなかったような?その速い曲で、ベースが涼しい顔で弾いてたのは印象的だったなぁ........



個人的な感想としては、まぁまぁ楽しめたという感じ。他のジャズライブとかと比べると感動度合いはマックスではなかった。なんでだろう?

席?

曲をあまり知らないから?いや、でもドノヴァンとかも知らなかったけど強烈に楽しかったしなぁ。

ジャズ的なリテラシーの不足?

それとも単純に好み?



とは言ってもロイハーグローヴ・クインテットかっこよかったです!

IMG_8794




余談ですが、ブルーノートのこのジャズレジェンドたちのパネル、めっちゃカッコいいですよね!やっぱギタリストに目が行ってしまうので、ジョーパス、ジムホームが特に印象に残ったけど、これを見るのがブルーノートへ行く楽しみの1つになりそう!

IMG_8796


マジですっげー行ってよかった、このライブ!!


と、思わず幼稚な言葉で始めてしまいましたが、本当にすさまじいコンサートでした。



グレゴリープリヴァトリオwith小沼ようすけ@調布市文化会館たづくり、くすのきホール。


いや。僕も僕の友人もこう↑↑思っていたのですが、そうではなくて、

小沼ようすけ×グレゴリープリヴァトリオ@調布市文化会館たづくり、くすのきホール。

らしい。


小沼ようすけJam Kaバンドのピアニスト、グレゴリープリヴァの初日本ツアー。
日仏交流一環のイベントで、後援にはフランス大使館も!
 


Grégory Privât、先日のブログにも書きましたが、ライブ前から毎日聴くようになっていて結構ツボにハマってきていたので、この日をすごく楽しみにしていた。だからか、家を出て駅に向かう途中、すんごいルンルンしてる自分に気づく。しかし、電車に乗ってからは、帰宅ラッシュの京王線に押し込められ、不快指数マックスになり、駅に着いてからは、調布市文化会館のホムペの駅からのアクセスの文章がわかりづらすぎて、イライラモード笑
 


でもそんなイライラを完全に吹っ飛ばす最高のショーがこれから始まるのでした...


IMG_8543


19:30ちょい過ぎに開演。


グレゴリープリヴァは、黒のロングシャツ(ロングシャツはフランスでも流行ってるのか?)に下は鮮やかなオレンジのパンツ、まるで消防士のそれのようだ!靴は黒のロングブーツ。

小沼さんは、 ベレー帽を被り、白シャツ、ブラウン系の上下セットアップ(上はジレ)。何と白シャツには白い紐でリボンがついている。



Flyway

意外なことに小沼さんのイントロで始まった!と思いきや、あれ、これFlywayじゃん!というわけで小沼さんの曲からスタート。小沼さん、shimmerリバーブを軽く効かせていたりして、何回も聴いているこの曲も今日オリジナルで新鮮味のある演奏!

たぶん、僕の理解が正しければ、小沼さんのソロでは、いつものAmに解決するアドリブ用8小節ではなく、曲のフルコーラスをバックにしていた!ひょっとしたらAメロ部分はその8小節の繰り返しだったかもしれないが、明らかにBメロは来た!このパターンは初めて聴いた!で、たぶんだけど、グレゴリープリヴァのソロでは、例の8小節だけだったような。

で、何回聴いても、この神々のモチーフを展開させるアドリブの仕方には本当に「あぁ!」ってなる。

もう一曲目から最高すぎて、「くそ~」と思っている自分にも気づいた。最近、格上のものを見せつけられた時に感動するだけの人は一般人、感動して悔しがる人が成功する。という考え方をよく目にします。精神構造だけイッチョマエの僕ですw


Le Parfum

グレゴリープリヴァの曲。香水という意味のフランス語。そう!この曲好きだったんですよ!タイトルと合わさって、個人的にはParisの風景を思い浮かべるような曲です。 


Size
最後、急に雰囲気が変わって訪れるドラムソロとそのリフも印象的な曲。

Beyond the sea
この曲からLe Bonheurまでノンストップでいきました。
Beyond the seaは割とさらっとカジュアルに演奏された印象。
 

Piano solo
グレゴリーお1人様。
 

Le Bonheur

小沼さんのライブでも度々カバーされているため、僕らにも馴染みの出てきた曲。
僕はどうしても誘惑に勝てず、他の練習を押しのけて、この曲をトランスクライブしてしまいました。ライブ後に本人たちに採点してもらうことができたので、後日公開します!
でもこの曲は比較的シンプルに見えて、何拍子なのかいまいち把握できていない。

Riddim
リズムという言葉のマルティニーク訛りというタイトル。
 

Family tree
この曲は、美しいーーー。切なさと洗練された感じと。。。
このFamily treeというタイトルを冠された曲に込められた思いはなんなのだろう。
アルバムのタイトルにもなっているのだから、割と重要な意味があるのかもしれない。
小沼さんは、これまたいい感じにDelayやReverbを効かせていい感じの味付け。
そしてソロが最高すぎた。小沼さんのこういう浮遊感の表現、静寂の表現、たまらない。
 

Ti Punch
このメンツでのTi Punchもやばいだろうなと思っていたら、案の定。。。あのリズムに体を揺らさずにはいられなかった。最後の2曲は特に、聴いているこっちもトリップしました。



で、なんとアンコールは本人らがステージに戻ってきて挨拶しただけという!笑
演奏が盛り上がりすぎて、時間を大幅にオーバーしたらしい。
なんてジャズなんだ!笑

IMG_8544
座席は最前列も取ることができたが、段差のついた後ろからの方が見やすいかなと中段くらいに陣取り。これ正解でした。ベスポジ!


今日のコンサートでは、グレゴリープリヴァの人となりも少し垣間みえて興味深かった。

MCでは、マイクを持って日本語の挨拶と英語で喋ったが、英語は苦手のようだ。
フランス人の知り合いで若い人は英語上手い人が多いので、めっちゃペラペラで来るかと思ったけど、いわゆるフランス訛りの強い英語。親近感w。多分英語がペラペラなフランス人はビジネスパーソンなんだな、きっと。

口数も多い人ではなく、内向的な人なのだろうか。終演後のサイン会でも基本的に無表情で座っていた。そんな彼の性格は演奏にも表れている気がする。すごく繊細で、内向的で、美意識、ほとばしる情熱があって。小沼さんもグレゴリーと出会った時、彼の1音目から感動したと語っているが、とても美しくて、音の一つ一つが、まるで宝石一粒一粒のよう。今日の演奏も全曲、美しくエモーショナルだった。


京王線の夕方の混雑はdéguelausse(最悪という意味のフランス語)だったけど、本当に本当に行ってよかった♬

このライブを日本で観られるなんてLe bonheurだ!
ありがとう、小沼さん、MOCLOUD RECORDさん!
次は、Arnaud Dolmenを!w


今年は何回小沼さんのステージを拝見しただろうか。これだけ一人のミュージシャンのライブを追いかけたことは今までにない。そしてこのtsuuのソロライブが2017年は追っかけ納めだろう、おそらく。たぶん、うん。

このライブは告知が出た瞬間に秒で予約した。友人と「次にソロライブあったら絶対行こうぜ」と言っていた矢先の告知だったからである。


12/10日曜 夜の部 @鎌倉tsuu

小沼さんは帽子をかぶらず、黒のトップスにモスグリーンのパンツ。いずれもリラックス感のある装い。ソックスは、大学ラグビーファンなら、同志社大学のユニフォームを想起せずにはいられない色合い!

ステージに用意されたギターは5本。
Echizen Jazz Nylon
Echizen新作ガット
フレットレスギター
Nishigakiギター
Gibson ES-275



<1st>
Super Moon
まさかこんな曲をやってくれるとは!ライブで初めて聴きました。ラルクでいう「真実と幻想を」をやってくれた感じでしょうか?
 
June 7th
イントロは曲のテーマのメロディーのアブストラクトみたいな感じから始まって、徐々に形があらわになってきて本編が始まるというアレンジ。超かっこいい。ご本人がMCで、テーマの一部を忘れて誤魔化したと告白されていました。

曲名不明(improvisation ??)
 
Stablemates
特徴的なテーマは聴いたことあるな、なんだっけなと思っていたら、この曲だった。

Flowing
新鮮なイントロから始まって、新鮮なアレンジのFlowingとなった。何回聴いてもこの曲は本当に美しい。

Le bonheur
Grégory Privâtの曲。この曲も本当いエモい。サビのコード進行が特に好き。
 

1stは結局EchizenのJazz Nylonで全曲通した。


<2nd>
Improvisation
Nishigakiのギターを持って2ndスタート。
全てアドリブだったらしい!これが一番今日グッと来たかもしれない。
おそらくStrymonのBIG SKYというリヴァーブのエフェクターを使って、ふぁーーーっていう空気感を出しながら、幻想的な自然の世界を音で表現しているような感覚になった。これこそ小沼ようすけの特長であり、真髄であるのかもしれないと思った。世界中にトップギタリストはたくさんいるけど、これは小沼さんしかできない、小沼さんならではの表現のような気がした。
 
Seascape
うおっこんな曲ソロギターでやれんだ!?っていうJam Ka収録の曲。 
 
Dlo Pann
最近知ったんですが、Jam Ka Deuxに収録されているこの曲、小沼さんの作曲ではなく、プロデューサーのジャック・シュワルツバルトなんですね。小沼さんは彼のこの曲との出会いが、クレオールジャズとの出会いだったとか。
 
Oleo
また出たよ。。。僕が単音で演奏することも未だに苦戦しているOleoをソロギターで。。。しかも今回はアレンジがおもしろくて、伴奏部分のリズムを一部わざと弾かない、スキップするみたいなことをしていた。

Isn't it romantic ?
最近ご無沙汰感のあったES275を手にとっての演奏。僕がこのギターを見たのは8月のトニーモナコ公演@Cotton Clubのアンコール以来かな。

Bag's groove
テーマを聴いて超興奮した!まさかの小沼さんのBag's groove!てかきっとどうせ久々に弾いたと思うんです。でもテーマ一つ取ってもいろんなポジションでいろんな弾き方をされるわけですよ。どうなってるんですか!?まぁテーマはシンプルっちゃシンプルですけどね。それにしてもですよ。

Beyond the sea
なんか今日は一部だいぶリハモしていた!?

<encore>
Green(やりましたよね?)
Alison(やりましたよね?)
Jungle
Chialamonti

アンコールは、「僕のレパートリーの中から何かリクエストがあれば」と上の4曲。リクエストとか最高すぎる。。。Jungleには弟であり、マネージャーであり、パーカッショニストである小沼ゆうじさんが参戦!めっちゃよかった!ちなみにお昼の部のアンコールに関しては、こんな証言が↓↓

image
 
エモーショナルすぎるだろ!!!!



パリ、ミュンヘンでのJam Ka公演を控えているので、てっきりセットリストはJam Ka系の曲が多いのだろうと思っていたら、全然。こんなに幅広いセットリストを聴けるとは。さすがトップミュージシャン...。

これだけいろんな曲を自由にやってくださるっていうのは、合わせる必要のあるバンドメンバーがいない、ソロライブならではでもあるのでしょう。ソロライブは2016年の大森以来2回目なのですが、このリラックス感は@tsuuならではなのでしょうね。

 


で、つくづく思うけど、そのtsuuというお店は素晴らしすぎる!!よくもまあ、こんな鎌倉という素晴らしい土地の駅近くにこんな素晴らしい蔵があって、ライブなどイベントのできるカフェにしたなという感じ。幸運の極みの店。空気感がすごくあったかくて、毎回充電させてもらっている感じがする。
ライブがなくてもコーヒー飲んだりご飯食べにちょくちょく訪れたいお店(自宅から遠いからなかなかそうは行かないけど泣)

小沼さん関連で知り合えた大切な仲間とも再会できて超楽しかった。





僕はとんでもないことをブログで宣言してしまった、と改めて思った一日になりました。


浅草ジャズコンテスト@浅草公会堂を見学しに行きました。ジャズコンテストを観に行ったのは、新潟ジャズコンテスト2016ぶり2回目。


大田区民センターのように広いホールの客席は割と賑わっていた。5,6割は埋まっていただろうか。平均年齢は相変わらず高め。出場者は若めで、聴衆はおじ(い)ちゃん、おば(あ)ちゃん中心。


定刻通りに始まり、講談師とフリーアナウンサーが司会で出てきた。

講談師の存在によって浅草感がすごい!てか、講談師ってすごいな。なんか、まるで生で喋ってる感じがしない...録音したのを流してるみたい。


ボーカル部門からスタート。
ここで新しい世界をまた垣間見た。
●ジャズボーカルにはバースから歌ってテーマに入るという手法があるらしい。
●ジャズボーカリストはギッラギラの衣装を纏いがち。これ眩しくて目に痛くて正直個人的にはあんまり好感持てない...。
●ジャズボーカルには複数人で歌って見事なコーラスワークと振り付けみたいなのをするという芸風があるらしい。二組いたけど、どちらも素晴らしいコーラスワークだった!

てか、どのボーカリストたちも素晴らしかったけど、バックで弾いてるサポートのトリオの演奏が心地良いんだわ、これが。かっこいい。


その後、バンド部門。

1組目の中高生の演奏から度肝を抜かれた...。トランペットソロとか、ピアノソロとか、何、みんなめっちゃ上手い。この年頃から、これだけの技術を持ってこれだけのステージに立っているのか。なるほどね涙..........orz

その後出てくる人たちみーんなとっても上手い。曲もオリジナルが多い。で、誰一人緊張を感じさせない。すごいな...。個人的には最後のピアノトリオが一番グッと来た。


そして、最後はゲスト演奏。コンテスト出場者も素晴らしかったけど、やっぱベテランは違うなという印象。すごい楽しかったし、会場もめちゃめちゃ盛り上がってた。バンド部門での審査員からの講評で、「曲もいいし、アレンジもいいし、演奏技術も高いけど、優等生みたいに上手くまとまり過ぎてた。もっと暴れるところ、人間らしいところがあるともっとよかった」というコメントが数回あった。これには大きく頷いたが、ゲスト演奏は確かにそこに違いがあった。一部タガが外れたように、大胆にぐあーって突き上がるところがあってそこが全体の演奏の印象を明らかにより良いものにしていた。

なるほどね。


てかこれほどの演奏を1500円(前売)で見られるって結構お得だな!!



で、最後に。
僕レベルのミュージシャンがこのコンテストに挑もうなどハッキリ言って笑止千万だと思う。でもこれはチャレンジしなくてはならない。なぜなら、「男に二言はない」からとかっこいいことを言いたいが、そうではない。だって、いかにあの宣言を消そうか考えていたのだから...。そうではなくて、もう既にあの宣言を友人に見られてしまったのだ。。。

ただの友人ではなく、共にそれぞれの夢を追いかける大切な友人に。

だからどんなにブザマでもやるしかない。

しかも、やるかやらないか、どちらが自分がより成長するだろうかと考えると、きっと前者だ。自分の成長のスピードをマキシマイズするという目的のためには手段は選ばない。一次の音源審査で、笑われて秒速で落とされて、仮に審査員にCDを足で踏まれても、挑戦はしたい...!


ということで、はい、バカが通りますよー笑



ところで、浅草は風情があっていいなぁ。


小沼ようすけさんの盟友であり、Allendeのメンバーでもあるカイペティートさんのソロライブを観てきました。シャーマンズというグループでもご活躍されているそう。

12/7木曜@原宿LIVE NOTE CAFE


このお店はカラオケバーらしい。結構お客さんがいた。20人くらい?

<1st>
Yellow taxi 
Joni Mitchelの曲。

Englishman in New York
好きだなぁ、この曲。Stingの曲なんだ!Aメロやサビのメロディーがエモい。"Be yourself, no matter what they say"って歌詞も佳い!ここで変態ギター登場。てかカイさんソロとか言ってるけど、ボーカル、ギターの他にベースも聴こえて来るよ!これKaiトリオじゃん!すごい!グルーヴが最高に心地よい。

夕凪
インスト。地元の稲村ヶ崎をイメージして作ったというKaiさんオリジナル。すごい綺麗。

Caledonia
Allendeのレパートリーでもあるカバー曲。これ特に感動した。なんでだろう、Allendeライブでも自宅でも聴いて耳に馴染んでいるせいもあるかもしれないが、この曲の持っているパワーがKaiさんの声にすごいマッチして化学反応してる気がする。美しくて仕方ない。カイさんが歌うCaledonia本当に大好き。

Night flight
このカイさんオリジナルもすげえカッコいい!すっげえカッコいい!

Autumn leaves
すげー!変態ギターとか言ってるけど、本人も変態だ、こりゃ...



<2nd>
The water is wide
大橋トリオもカバーするこの曲。いいわぁ。

Blackbird
Beatlesの曲。原曲は割と平坦に朴訥と歌ってく印象があったけど、カイさんアレンジではダイナミズムがつけられてた記憶。

The Christmas song
Nat King Coleの曲

Your song
Elton Johnの曲

Walk in Atlantis
うおっ!Caledoniaに続いてまたAllendeのレパートリーだ!嬉しい(^-^)
この曲はこの印象的なサビのテーマも好きだし、曲後半の謎めいた展開も好き!でもいつも小沼さんがサビでオブリみたいなのを弾いてるのに聴き馴染んでいるから、それがないのがやや寂しかったかも。自分の中で小沼さんパートを付け足した。

KaiさんOriginal(曲名不明)

<encore>
I shall be released
Bon Dylan

ハレルヤーって曲(曲名不明)



ギターの弾き語りです。でも、弾き語りと言うと、ジャカジャカギターをかき鳴らして、その上にボーカル乗せるみたいイメージがあるけど、カイさんのは超上級のギター弾き語り!伴奏のバリエーションがすんごい豊かだし確か。パーカッシブなところとか、あの低音とか、あのグルーヴがとても心地よい演奏だった。あの変態ギターのベース音、ソロライブでその魅力がよりハッキリわかった。


今日は英語歌詞と歌詞のないスキャット(?)のボーカルだったけど、ぜひカイさんの歌う日本語歌詞も聴いてみたい。



カイさんの直近の活動では、今月も渋谷のLiving room cafeで出演する他、湘南方面では、通称"下心"というお店で1/8セッションショーがあるとか。それも楽しそう。1/26にもBar126??とかなんとかでソロライブがあるとか。
 

てかこのLive note cafeは、終演後カラオケになるらしい。それはそれでめっちゃ楽しそうだな。


↑このページのトップヘ