30歳からジャズに熱中したらどうなるのか実験室

いい大人になってからジャズギターを本気で愛してしまった痛い男のブログ

カテゴリ: タメになるありがたい御言葉


ジャズトランペッター&ボーカルのチェット・ベイカーを描いた映画Born To Be Blue(ブルーに生まれついて)を、渋谷Bunkamuraで観てきた。しかも菊池成孔さんと湯山玲子さんのトークショーも付いていて、超おもしろかった。むしろ映画よりもおもしろかったかもしれない。このトークショーを聞いたのと聞いていないのでは、この映画の見方が全然違うし、数百倍おもしろくなると思う。ラッキー。

ややネタバレがあるので、ご一読いただける際は、ご注意ください。

珍しく撮影が許可されており、一枚だけパシャリとしておいた。

IMG_5083

ジャズサックス奏者&ジャズ評論家の菊池成孔は一番右。Tシャツにストローハットという夏のような出で立ち。腕にはタトゥーしているんですね。左は司会の方で、真ん中が湯山玲子さん。

30分ばかりのトークショー、ちょっとまとめておきたい。
マジ超おもしろかった。特に菊池成孔さん。知識の泉って感じ。

映画Born To Be Blueについて


菊池成孔さん

  • 伝記映画風のフィクションで、完全なフィクションでもない。現実にあったことを素材としながらも、それぞれをパッチワーキングしているという変わったファンタジー映画。タイムラインなども少し飛んだりする。まさにインターネット世代の映画。
  • 奥さんは実在しない人物。ウィリアム・クラクストンの撮った写真集でチェットと一緒に写っていたモデルの女性を奥さんに仕立てた。
  • 最後のシーンは、BIRDLANDで演奏してるが、実際はHALF NOTE。さらに、マイルスももうその時既にアフロだから、スーツにあの髪型というのはありえない。
  • チェット・ベイカーが無毒化されて描かれている。チェット・ベイカーの伝記は「終わりなき闇」という本があるが一読するとうつ病になるほどヤバイ。チャーリーパーカーどころではない。ダメ人間。あまり才能ないから没落した(そうなのか笑)。
  • なぜそうしなくてはならなかったのかというところに、アメリカ社会の病を感じる。20世紀はそんなに悪くなかったやつを悪く描いた。21世紀は逆。アメリカ世間が疲れてる?
湯山玲子さん
  • アーティスト=表現者であり、一般人とは違っているが、女性はそういう人に惹かれやすい。女性は、誰かのために生きたいという滅私奉公的な依存性がある。
お二人の共通認識
  • エレインが物語の中核。映画の根幹は恋愛。エレイン(ジェーン)はすごく良い女の生き方、理想の女性像が描かれており、「こんな奥さんいたらいいな」という、ここにアメリカ人の病理が現れてる。

主演俳優イーサン・ホークについて

  • トランペット演奏は驚異的に素晴らしい。チェットそのもの。制作側はチェットベイカーの音源は一切使っていないことを公表している。普通の人が10年やってもできないのに、半年でやったとはすごい。
  • 一方、ボーカルは・・・
  • イーサン・ホークの演奏で、そのままサントラになっており、ジャズ映画で初。
  • 最近売れてきた俳優で、いろんなオーディションに出ていたが、リバー・フェニックスに負け続けた。病むことは悪いことではない。その病によって脂が乗っている。
チェット・ベイカーについて
  • 女の声で歌いやがってという批判が多かった。高くて弱々しい声。ヒップホップもジャズも今も昔もマッチョの世界なので。
  • しかし、そのチェットの歌い方が、ジョアン・ジルベルトにヒントを与え、ボサノヴァのウィスパーボイスに繋がったとも。
ジャズの習得について
  • 湯山さんの質問)イーサン・ホークの短期修得はすごいが、菊池さんもサックスを習得した時、理想の人物像を降ろしたりしたのか?
  • (菊池さんの答え)最初はコピーから始める。モノマネ芸人と同じ。で、そこからだんだん自分流にする。
    (→ギタリスト矢堀孝一さんも、ウェス・モンゴメリーもこんな感じのこと仰ってたな )
ジャズという難しい音楽がなぜ世にウケたのか?
  • ジャズは二枚舌。オスカーピーターソンとかビッグバンドはポピュラーミュージック。一方、ビバップはアンダーグラウンド音楽。
  • 55年以降アメリカは変わる。エルヴィスプレスリーなどロックンロールなどで、ビバップは外に追いやられた。66年、ビートルズの全米デビューがさらに追い討ち。

他にもいろんな情報が飛び交っており、上記のメモも少し間違えているかもしれないけど、こんな感じです。いや〜、すんごい勉強になった。


さて、僕個人の感想。

なぜこの時代のジャズミュージシャンがこれだけ薬漬けになってしまったのか、ということを考えた。確かに芸能の生業とする方の薬事件は現代でもちょいちょいあるけれども、今のジャズミュージシャンたちは結構クリーンな気がする。少なくともmuch clearnerではあるだろう。

一つの仮説としては、ジャズという一つの驚異的な芸術を生み出すパイオニアたちは、薬でもないとあれを創り上げることができなかったのかなということ。そうして先人たちの積み上げにより、それらは理論化され、薬の力を頼らなくとも理論の力で、現代人はそれらを習得することができる、、、のかな?

チェットはラストシーンで、こんな感じのことを言う。(ネタバレ注意!)
「薬があると、
タイム感が広く感じられるようになるんだ。
それだけじゃない。一つ一つの音に入れるようにもなるんだ。」

ヘロインをやった経験は当然ないから、よくわからないけど、こういう感覚がなかったら、ジャズは生まれなかったのかもしれない。

あとは、怪我人でもコツコツ努力を重ねれば復活できるのかなという点で、チェットの顔面破壊と僕個人の頚椎ヘルニアが重なった。俺もがんばるぞー。

そんな感じのゆるいレポートでした。

チェット・ベイカーの音源をもっと聴こうということ、
それと菊池成孔さんをウォッチしていこうと思った。
あ、でもTwitterやってないぽいな。

PS。ずっとこのブログ、「湯川れい子」って書いてたら、ちゃんと調べたら「
湯山玲子」だった。。。


  




またまた、随分前、NHKで放送された
プロフェッショナル仕事の流儀のメモ。
囲碁棋士 井山裕太さんの回がおもしろかったので、メモしておきたい。
http://www.nhk.or.jp/professional/2016/0425/

日本棋院HP
http://www.nihonkiin.or.jp/player/htm/ki000385.htm


書体デザインとかもそうですが、囲碁とか全然興味なかったが、
やっぱり何事にも全てに通ずるものってあるんだなと再認識させられて、
とても参考になりました。
この井山さんが囲碁で取り組んでいる姿勢は、
ビジネスにもアートにもあらゆるものに共通する真理が間違いなくあると思います。


<井山さんの言葉>

常識よりも直感を大事にする


安全な策は最善策ではない

反省はするが、後悔や過去を引きずったりしない

囲碁への情熱を失わないように、集中して勉強し、短い時間で切り上げる

強い人は、「自分のもの」を持ってる
自分にしか無いもの、自分は絶対ここには自信があるというのが大事

誰になんと言われようと自分はこうなんだ、というのがないとダメ。

どんな状況でも自分を信じ抜く揺るぎない力

一手一手、自分はこう打つと魂を込める

批判を恐れず大胆に打つ



放送自体は3ヶ月くらい前なのですが、今の自分に特に引っかかったのは

囲碁への情熱を失わないように、集中して勉強し、短い時間で切り上げる

ですね。

今夏休みなので、
(てかこの全員一斉夏休みっていう制度もいい加減早く変わらないかなと思うのですが)
家に籠ってギターの練習しているんですが、結構疲れてくるというか。
あまり疲れすぎないように注意していますが、飽きるくらいなら
その前に切り上げて他の事をしようと思います。
本読んだり、映画見たり、芸術に触れたり、緑を見に行ったり。


あとは、やっぱこれです。

安全な策は最善策ではない

これはいろんな成功者が口にする言葉であり、
サラリーマンの口からは一度も聞いたことのない言葉です。



ちなみに、最近NHKのHPでこんなインタビューもupされたようです。

棋士・井山裕太 常に心がけていることは



  


先日(と言っても随分前。。。)NHKで放送された
プロフェッショナル仕事の流儀で、
書体デザイナー 藤田重信さんの回がおもしろかったので、メモしておきたい。
http://www.nhk.or.jp/professional/2016/0613/

FONTWORKS
http://fontworks.co.jp/font/designer/shigenobufujita.html

この藤田さんの生き方は、特に多くのサラリーマンにウケたと思う。


<キャリア>
高卒、メーカー入社、写真植字。夢はなかった。
仕事よりもファッションが好きだった。
30才を過ぎた頃、石井明朝オールドスタイルを見て突如書体に目覚めた。
初めて夢を持った→自分の明朝を作りたい。

時代は、写植が廃れて、会社は縮小の一途。
チャンスは巡ってこなかった。
漫然と時が流れた。10年。

40才を過ぎての転職。
不安もあるが、書体を作れる最後のチャンス。


<書体デザイナーとしての心構え>
それは途方もない作業の始まり。
周囲の評価は今ひとつ。可もなく不可もなく。
でも辛くなかった。
「今に見てろよね」ていうよりは、ずっと熱中してられるこのおもしろさっていうかね。

批判にさらされた時こそ、本当の力が発揮される。
叩かれてこそ完成する。
批判を恐れていては、新しいものは生まれない。

3年で筑紫明朝体を完成させ、世に出した。

何も取り柄がないサラリーマンだって、夢は掴める。


漠然と生きてしまった人生前半、そしてやりたいことを見つけてから
勇気を持って踏み出し、好きなことを熱中して仕事として取り組む姿勢。

そして、追い風をむしろ好機、批判されてナンボと捉えて突き進むメンタル。
この辺は、キングコングの西野さんのあるブログ記事で知った
絵本作家のぶみさんの姿勢にもつながるのかもしれない。
(この西野さんの記事は心に刺さりすぎて、ほぼ全文自分のノートに書き写しました。)

ちなみに、この藤田さんはインタビュー中に
転職を決断した時を思い出し、急に溢れ出てくる涙をこらえきれない場面がありました。
藤田さんの一大決心を理解をしれくれて、支えてくれた奥さんへの感謝が背景にあったようです。

現状に甘んじて、なぁなぁの飼い慣らされた人生を送っている人に流せる涙ではないですね。


現状に疑問を感じている多くのサラリーマンを勇気づける生き方ではなかろうか。
少なくとも、私はその一人である。


  


代官山T-SITEで目に止まって、ちょっと前に読みました。



nendoの代表、佐藤オオキ氏。
タイトルのスピード仕事術にとどまらず、広くプロジェクトの運営や仕事全般に関する
佐藤オオキ氏の考えが詰め込まれています。

自分が読みながらiPhoneにメモしていたものを、
1、個人の能力開発術系
2、仕事術系
3、プロジェクトを成功に導く術系
に分けて記録しておきます。


1、個人の能力開発術系
  • もっと脳に気を使ってあげる(脳の調子を見る、休憩させる)
  • 羞恥心、恐怖心のブレーキを外す
  • 仕事をするなら自分が最も結果を出せること、周囲から最も期待されていることにこそパワーを割くべき。「誰がやっても結果がさほど変わらない仕事であれば、人に頼んだり外注したりすることをためらう必要はありません。」
  • お金は貯めることより、どこに使うべきかを考え、投資し続ける。

脳に気を使うという視点はありませんでしたが、これを読んでからめちゃめちゃ考えるようになりました。
いかに脳が熱中して取り組める状況を作れるかで、パフォーマンスやアウトプットに大きな差が生まれてくるのは、確かにそうですよね。

自分がやる必要のないことは、やらなくていい。というのはホリエモンも著書「正直に生きる」に書いていました。


2、仕事術系
  • データの保存をやめる
  • フォルダの階層を深くしない
  • 定例に毎回全員はやめる
  • 本当の締め切りより早く締め切りを設定する
僕の部署は真逆なことやってる印象。。。
後輩とかでフォルダめっちゃ細かく分けて、あるフォルダには1つしかファイルがない
ってことよくあるんですが、僕にはそういうの元々理解できませんでした。


3、プロジェクトを成功に導く術
  • 引き出すべきうちの強みが何かを考える
  • 社長も担当者もユーザーも喜ぶ突破力のあるアイデアを考える
  • プロジェクトを成功させるには、ユーザーの声と同じくらい、現場やトップの思いにしっかり耳を傾ける
  • 頑張ればギリギリ手が届く挑戦をする
  • リスクを把握し最初に伝えておく
  • プロジェクトを最初から最後まで貫くコンセプト「電話で伝えられるくらい短い文章で言えるもの」を作る
  • 皆が納得し、本当の意味でハッピーになれる正しいゴールを明確化する
なんかこの辺は、メモってはいたものの、今はあまりピンと来ません。
最近の自分の状況とあまり関係ないからでしょうね。



以上、テキトーな読書感想文でした。



ちなみに、超余談ですが、メンタリストDaiGoさんによると、
人が目的を持って本を読む場合は、1冊の本から自分が知りたいと思っている情報が
その本にある率は7−11%らしいです。
だから、こういう場合の読書は、文字を追うのではなく、
自分が知りたいその7−11%を探す作業なのだと。
読書をするときは、この本から自分が何を得たいかを意識して読むと早く読めるそうです。

詳しくは、こちらからの動画で↓↓





さて、今日も恐怖心と羞恥心のブレーキを外し、セッションに参加してきます!



先日見た「プロフェッショナル仕事の流儀」
デジタルクリエイター 猪子寿之さんの回がおもしろかったので、メモしておきたい。


こだわり
 →朝食は納豆とキムチ、生卵。同じ白いTシャツ30枚。時間節約のため。

今だけに没頭する。
 →没頭する時間はいつでも来るものではない。 だから、その時が来たら流れに乗る。

●アイディアをひらめく時に電球が出てくるなら、電球を見てればアイディアが出てくる。

半生=葛藤の連続。
 →徳島生まれ。
  学校に窮屈さを感じていた。
  東大も違った。
  自分が求める場所は自分が作るしかない、と気付いた。
  自分は、自分で何でもできる人間ではない。チームを組もう。
  自分が天才じゃないことがわかってくる。それでも良いものを作りたい。

プロフェッショナルとは?
 →「えーわかんないなぁ、考えたことないなぁ。いろんな大事なもの捨てちゃってる人じゃない?」


以上が猪子さんの言葉や人柄で印象に残ったこと。
見た目は強面だが、結構いい感じにイっちゃってそうな感じがすごく親近感湧いた。

デジタルアートというのはよく知らなかったのだが、
ある印象に残った作品は、
単純に子供達が描いた絵が(正確には色を塗った絵?)、
スキャンされると、デジタルで生を受けて動き出し、会場を歩き回るというもの。
しかもそれだけではなく、そこには様々な生物がいて、(カエルとか、ワニとか)
食べたり食べられたりしてしまうのだ。
子供達に食物連鎖を学んでもらいたい、ということらしい。


猪子さんの運営するクリエイター集団、Team Labはこちらです。
http://www.team-lab.com


「アイディアをひらめく時に電球が出てくるなら、電球を見てればアイディアが出てくる。」
というのは、おもしろい。
心理学的にも自分の思考をコントロールするために、自分の仕草や動作を敢えてすることが効果的らしい。
例えば、無理やりでもガッツポーズするとポジティブになるとか。


以上、雑駁ですが。。。




 

↑このページのトップヘ