30歳からジャズに熱中したらどうなるのか実験室

いい大人になってからジャズギターを本気で愛してしまった痛い男のブログ

カテゴリ: ジャズギターの練習


以前、Sonny RollinsのOleo(Miles Davis "Bag's Groove")をコピーした話を書きましたが、そのあとにバトンを受けるThelonious Monkのアドリブソロをまるっと2コーラスコピーしちゃいましたので、1コーラスずつここにメモしようかと。





随所にモンクの独特な表現が 炸裂しております!!

こちらが、トランスクライブした譜面です。
(あ、BとEが♭です......)
 
IMG_9828

IMG_9829

IMG_9830

さて、1コーラスめの分析。

ところで、チューニングは、A443か444のような気がします。

Aメロ1回め(1小節め〜)
  • 最初の2小節のフレーズは、①Gブルーススケール→Bb7の組み合わせとも取れるし、もしくは、②Bb7を想定しながら、M3rdを半音下m3rdからアプローチすることで、VIm7であるGのブルーノートb5を入れてブルージィな感じを出しているのかもしれない、と分析しました。
  • 次のフレーズは、最初のフレーズと同じモチーフでスタートして、Bブルーススケールに移行している感じです。
Aメロ2回め(9小節め〜)
  • なんかかわいらしい2小節のフレーズが同じモチーフで連続します。コーダルに弾いているとも言えるし、Bbメジャースケールとも言えるし。
  • 続く5−6小節めの3連符を使ったフレーズはかっこいいです。
  • 7−8はこれもコーダルというか、Bbメジャースケールというか。
Bメロ
  •  D7は、Am7のb3から始まるフレーズを弾いている感じがします。最初Cmaj7かと思ったのですが、Am7と考えた方がわかりやすいかなと。
  • G7は、Gリディアンフラットセブンス(R,9,3,#11,5,13,b7)という感じでしょうか。4小節めの頭でトライトーンでぶつかった和音(dim5というかaug4というかの音程)を弾いているのが印象的です。
  • C7、F7は、ミクソリディアンを弾いているような感じで、僕のギターES275の一番トップの音まで一気に駆け上がります。ここで弾いている3-5-b7-9というフレーズがC7-F7の上で連続します。この動きはチャーリーパーカーにも見られるもので、常套句なのかな??とこの発見に興奮しました。

Aメロ3回め
  • オクターブでBbメジャースケールで上昇している....と思いきや、途中でEナチュラルが入ります。これはコードFから見てM7th、Bbから見てb5(もしくは#11)、うーーん、どゆこと?笑 3小節めのBbの頭でコードトーンのP5に着地するからいいんだよってことかな?
  • 4小節め3拍めから始まるフレーズはFから見たら9thから始まるのですが、Bbメジャースケールの13thからクロマチックやらなんやらでルートまで降りてきたとも言えるでしょうか。
  • そしてこのあたりで1コーラスめが終わるのですが、切り替わっている感じがしません。キャンバスの捉え方というかストーリーの切り替わるポイントが独特ですごいな......。こんな弾き方してたら僕ロストしそう笑


2コーラスめはまた次回。


先日の熟考を踏まえ、ジャズギターってやることたくさんありますが、とにかく今は僕の最大の欲求であるアドリブ演奏に一点集中したいと考え始めております。
 

で、そのアドリブ演奏にはスケールだのコードトーンだの色々な練習があると思いますが、自分には使えるボキャブラリー(=自分の中から自然と出てくるもの)が足りないなと感じます。今やいろんなフレーズを知ってはいるのですが、使えないのです。自分がグッときたフレーズをコピーして自分の血肉とするトレーニングに一点集中して参りたいと存じます。


そこで、1つのフレーズをとにかくこねくり回すことをしようかと考えております。


ここ2日取り組んでみて、こんな手順がいいかなと。


①フレーズを1つ選ぶ
振り返れば過去にコピーしてきたものがそれなりにあるのですが、自分のものになってないのです。だから今はそやつらの中から選んでその日の題材にします。過去のコピーアーカイブからの引用がひと段落したら、今後のコピー活動はフルコーラス取るのではなく、部分的にしようかと。。

②あらゆるポジションで弾く
この時、コードポジションと常に対応させる。

③同じ曲の違う箇所に当てはめる
必然的にいろんなkeyでやることになる。合う箇所、合わない箇所が出てくるのでそれを確認する。

④別の課題曲で当てはめる
必然的にいろんなkeyでやることになる。なんやかんや言っても、こういう時はiRealProとか便利ですね。

⑤当てはめる場所以外はコード押さえたり、コードトーン/スケール弾いたりして、今日のフレーズを当てはめるとこだけとにかくフレーズを当てはめる
で、時には昨日のフレーズ、一昨日のフレーズなんかも混ぜちゃったりして。これやっているとなんかアドリブソロ演奏の原型を感じるのですよね...。これが発展していけばきっと...。

⑥フレーズ自体を少しアレンジする
クロマチックアプローチ入れたり、リズムを変えてみたり。



これだけで結構時間かかります。。。
ちなみにこんな感じです。

 

フレーズは紙に書いて分析して整理しております。この方が記憶に残りやすい気が。
FullSizeRender




この練習のメリットを大きく2つ感じています。
  • しつこくやるので、フレーズをより確かに記憶に残る(と思う)
  • 何気に曲の流れとコード進行を覚えられる(特に⑤が効く!)

多様練習という考え方的には、1度にいくつか並行してまとめてやった方がいい気もしましたが、そうすると上記のような深掘りがなかなか難しいので、これでいいかな、と。


ところで、ジャズ界はどうも「フレーズ派」と「フレーズ否定派」に二分されているらしい感じがしますよね。否定派にはこの練習は否定されそうですけど、僕は割とフレーズ派のミュージシャンが好きなので、これで良いような気がしております。



つい最近まで「僕の夢なんて無理ゲーなんだ...」と少しブルーな気持ちになってましたが、良い練習方法が見つかって少しまたまたワクワクしてきました。軽度の躁鬱病なのかもしれません



一昨日の記事の内容が自分自身にかなり効いております。


最近、仕事もしながら、毎日ブログを更新しようとしたり、フランス語を頑張ろうとしたり、アンチエイジングのために料理/食事も変えたり...........というお陰で、自分の中でのジャズギターの占める割合、かける時間が明らかに比較的に小さくなっております。


これは自分がバランスを取ろうと思っている結果だと思われます。「ジャズだけじゃダメだから」「あれもやりたい、これもやりたいから」と。



そういえば僕がフランス語が上達した時は、そういう環境だったというのもありますが、一日中フランス語の勉強しかしていませんでした。朝から晩まで。毎日。それで半年ほど過ごして、その後一年間現地で働いて、トータル一年半で、それなりのフランス語を習得できました。(もちろんまだまだ勉強しなくてはならないのですが。)この経験を踏まえると一昨日の記事でもリンクを貼ったブロガー八木さんの話は納得のいくところです。


じゃあ、フランス語もブログも全部やめて100%ギター触るか.....?と思案しますが、う〜ん。


でも、Google社では、勤務時間の20%は本業でないことを自由にやっていい!というのがありますよね。 ふむ。



そこで、自分の中で次のようにしたいと決めました。

ジャズギター80%(で、ブログはここに含む)
フランス語20%



結構時間と労力のかかるブログを止めようと思いましたが、僕にとってこのブログは自分の考えをやはり整理するために効果的なものです。ギターにどう向き合うか、聞いた音楽をどう自分の言葉で表現するか、コピーしたものをどう分析して咀嚼するか。お恥ずかしい話、現状はこのブログでは全くと言っていいほど収益はありませんせっかくやるなら!と集客やPVを気にした時期もありましたが、今後その意識は一切捨てようと思います。

そして、他にも運動、料理/食事というのも、そこそこ労力がかかりますが、これは音楽や仕事のパフォーマンスを上げるためにも、基本だと思いますので、これは続けます。


しかし、その他のこと、例えば、ファッション、飲み会、食事会、旅行、恋愛...etcに関しては、今は一切を捨てようと思います。(と言いながら昨日ZOZOでシャツを1点ポチったことは白状します。)



こんな贅沢な生き方をできるのは今年しかない!とリミットを感じつつ、日々ジャズギターに精を出したいと思います。


以前、自分がジャズギターを練習するのに、PARCメソッドというのを作ってみたと書きましたが、ギタリストでそれに近い考え方をお持ちの方に遭遇したのでメモ。

その方とは、昨日のブログを書くために調べ物をしていたら出会った、ギタリスト永井義朗さん。

ギター教室やブログの他にYouTubeチャンネルを持っておられるのですが、その僕のPARCメソッドに近い考え方というのは、こちらの動画で語っています。





話のメインはギターの練習の取り組み方、ノートの活用の仕方ですが、そこで永井さんは練習を主に3つにカテゴリーしていたと教えてくださっております。その3つとはこんな感じのようです。


その話はこの辺から始まります。


(1)フィジカル
  • 左手の運指
  • 右手のピッキング
  • スケール、コードトーンなど

(2)手法
  • コード一発やII-V-I上でのアドリブ。
  • リック練習ではなく、自分のアドリブ論(アドリブアプローチ)を使う
(3)曲
  • (2)の手法の曲バージョン
  • 流れのある練習
  • コンピング
  • 1日の練習の最後に持ってくるようにしていた


ふむふむ。参考になりますね。

(1)は、PARCのP(Physical)とモロかぶり。
(2)は、 A(Adlib)に近い。
(3)は、強いて言えばR(Repertoire)かな??



自分で作ったメソッドがあながち的外れなものではないのかなと、少し安心しました。




いつもお世話になります。
表題の件、先日ある一流ギタリストがぽろっと喋っていたのをたまたま耳にしました。

しかも、その方の話し相手のもう一人の一流ギタリストも「あ、俺も俺も」と。



え、何、まずは一点集中がいいの??



僕はどちらかというと、「嗚呼、ジャズギターってアドリブだけじゃなくて、テーマもあるし、バッキングもあるし、イントロもやんなきゃいけないし、他にエンディング、イヤートレーニング、ソロギターetc、やることたくさんあって果てしないなー」と思い知らされて、バランスよくやらなきゃダメだなぁ、と思っていたので、「アドリブしかできなかった」というそのギタリストの言葉にハッとしました。
 

それはいわゆる集中練習にも近い気がして、多様練習の考え方にも反すると思うのですが。。。うーん。



世間では「一点集中」「バランス」どのようにみなさん考えてるのでしょうか。
少しググってみました。
 

永井さんというジャズギターの先生は、
というエントリで、練習で迷う人はとりあえずバランスよりも一点集中だ!と勧めておられます。


また、ミュージシャンではないですが、八木さんというブロガーの方も一点突破派。

やりたいこと以外は全て捨てて一点に集中すれば、意外と簡単に手に入るとのこと。むぅ.....料理、運動、ブログをやってる場合じゃないような気がしてきたぞ笑。うーん、悩んできました。

 

まぁ、音楽以外のことをどう捨てて行くかは大きいテーマだから引き続き考えるとして、とにかくジャズ連に関しては、僕が今一番手に入れたい能力=アドリブ演奏能力をひたすら追求しようかなぁ.....

↑このページのトップヘ