IMG_5123

ヤマハのギターアンプを買いました!

私は、ミニマリスト志向がある現代っ子なので、ギターが趣味でも今までアンプは持っていませんでした。代替として、エフェクター兼PCへのインターフェイスであるZOOM G3でもってギターをMacBookにつなぎ、Garage Bandを立ち上げて、それをアンプ代わりにしていました。

しかし、いくつか問題がありました。

Mac + GarageBandをアンプ代わりにする問題点

なぜか小さい音を拾ってくれない

例えば、弦を弾いて、サステインを効かせていると、音量がどんどん下がっていくわけですが、一定のところに来ると、ブツッと音が消えるんですよね。これが気持ち悪い。

少しでも無音の時間が続くとオフになる

これが毎回イラつくんですよね...

セッティングがめんどくさい

毎回ギターを弾く度にG3とMacをUSB接続して、後片付けもしなくてはなりませんでした。メンタリストDaiGo氏は、何かに取り組むときになるべく選択肢を減らした方がよい、つまり、工数を少なくした方が良いと指摘しています。1日20冊本を読むという、集中力の師匠DaiGo氏の場合、勉強部屋には、ノートが開きっぱなしにしてあるらしく、ノートを開くということすら省略できるように工夫されているとか。つまり「ギター弾こう」と思ってからパソコンを開いたり、ケーブルで接続したり、アプリ開いたり、としている間にウィルパワーがボディブローのように消費され、集中力が低下してしまう恐れがありました。

それで、ちっちゃくてもアンプがあったほうが良いやと思うようになり探しました。

アンプを買おう!

条件

  • ヘッドホンを接続して練習できること
  • iPhoneを接続して練習できること
  • ジャズにも適応できること
  • ちっちゃいこと
  • かっこいいこと

候補

  • VOX PATHFINDER10
  • Fender Frontman 10G
  • YAMAHA THR10
見た目とVOXというブランドにジャズっぽさを感じず、これはなし。
FenderとYAMAHAで迷い、価格差も結構ありますが、最終的にTHR10にしました!

YAMAHA THR 10を買った!

決め手は、
  • 機能の豊富さ:写真と後述
  • 小さくて軽い:
  • Fender 10G           26W×28H×14.6Dcm, 3.8kg
  • YAMAHA THR10   36Wx18Hx14Dcm, 2.8kg
  • 家の中に固定ではなく、持ち運びというユースケースも想定していたので。
  • ユーザーレビューで高評価
  • ジャズにもより確実に合いそう(雰囲気。ジャズにもいけます!という確証はネットでは得られなかった)
THR10は、メルカリでも結構高値で取引されており、すぐ売り切れるので、タイミング的にご縁がなく、デジマートで安いの探して買いました。かなりのヒット商品なんですね。

で、Fender使ってないので、比較はできませんが、この選択は間違えてなかったですね。めちゃめちゃいい!すんごい楽しくなります、練習が。

IMG_5124

このレトロな感じのある外観、かわいいですね。

で、本当に小さいから部屋の空間もそんなに圧迫されないです(これはFender 10Gでもそうかもですが)。

IMG_5125

FenderとかVOXのエントリーモデルだと、BASS/MIDDLE/TREBLEのMIDDLEがないんですよね。ま、家練ならいいけど、でも音色にも課題のある自分としては家でもイジれるほうが良いかなと。

しかもそれだけでなく、アンプの種類も「CLEAN, CRUNCH, LEAD, BRIT HI, MODERN, BASS, ACO, FLAT」と多種多様。コーラス、フランジャー、フェーザー、トレモロ、ディレイ、リヴァーブ、スプリング?、ホール?なんてのも。

僕は、ジャズ練習には、CLEANでスプリング(リヴァーブみたいな感じ)をかけて使っています。なんかこのアンプのリヴァーブは、ディレイと混ざっているのか、ディレイよりなので。。。

さらに、ギターとAUXの出力もツマミで調整できるのも優位点。これが地味に便利。

IMG_5126

チューナー付き!自分のクリップチューナーと比較してみましたけど、当然ちゃんと正確にチューニングできます。これも地味に助かる。

IMG_5148

電源Onすると、光るんですね。なんか真空管アンプぽさを出しているみたいですが、真空管アンプがこういう風に光っているとこを見たことがないので、よくわからない。。。でも良い感じですけどね。笑

IMG_5150

買ってから気づいたのですが、"It's not for practice, it's for playing" ですって。地味ですが、こういう思想を持って作られていることにも、超好感持てます。

公式ホームページも充実。

今度、自分で音を録音してupしてみたいと思います!


こちらは、THR10を使った演奏です。
Wes MontgomeryのFour On Six ライブ版のソロを練習している動画です。

ご参考になれば!