というわけで、頸椎ヘルニアによる肩の激痛が始まってから、首にカラー(コルセット的なやつ)を付けています。首の動きを制限し、負担を軽減しようというものらしいです。

image

これを身につけて、会社のような知っている人のコミュニティーに行くと、周りからの視線が一気に集まったことがわかるくらい、すごいチューモク度で恥ずかしいんです。。

最初は。

そう、最初は。つまり、最初だけ。

意外にもすぐ慣れました。笑

そして、意外にも恥ずかしさよりもメリットの方がずっと大きいことに気づきました。


メリット1:周りが事の重大さに気づく
最近不在なことが多いのはサボってるんじゃなくて、本当にヤバイんですよ、ということを、口で説明しなくても、わかってくれるどころか、逆に「無理すんなよ!」って心配してくれるようになります。何かお手伝いできることがあれば言ってくださいね、とオフィスの美女にも心配されました。ふらっと寄ったラーメン屋さんの店主も僕のことをそれで覚えてくれました。笑


メリット2:同志たちが向こうから近づいてくる
「僕も前、それやってました」
「俺も腰のヘルニアなんだよね」
などと普段あまり話さない人も、私のデスクで足を止め話しかけてくれます。同じ悩みを抱えていると打ち明けられると急速に親近感が湧き、同朋意識が芽生えます。
 

3、役立つ情報をくれる
カラーをしてて、薬剤師のおばちゃんが「私いいとこ知ってるわよ!施術は2,3分で終わって、体がじわ〜と温かくなったり、長年の体の痛みが治っちゃったりするのよ」と紙にその名前と地図をメモしてくれました。メモには「十字式健康法」と。

なんじゃそりゃ。笑
 
怪しいけど、物は試しと、この前体験してきましたので、今度レポートします。申し訳ないですが、施術中、笑って吹きそうになるのを必死にこらえてましたw


というわけで、首に巻くカラーは、恥1:メリット9。恥はすぐ忘れちゃいます。

恥ずかしさなんて最初の30分だけで、恥ノムコウには、メリットだらけなので、似たような悩みを抱えてる方がいらっしゃいましたら、ぜひ怪我のシンボルは身につけて、どんどん世間に怪我、病をアピールしていきましょう!笑
 
次は、その怪しい十字式健康法のこともメモっておきます。