小沼ようすけさんの15周年記念ライブ。

初の完全生音のコンサートとのこと。

場所は、新宿は初台、東京オペラシティにある近江楽堂という小さいホール。
ヨーロッパにありそうな礼拝堂みたい。

image


18:00開場で、18:10前には着いたのにもう前から4列くらいは埋まっていた。
はやっ、今日。記念ライブだし、関係者が多いのかな?

19:00開演。小沼さんがEchizenのナイロンギターを、なんとストラップで肩から下げてご登場。
長い髪は後ろに結っておられる。

笑顔で軽く会釈しながら、ステージ中央の椅子に腰掛け、おもむろにギターを爪弾き始める。

(セットリストは小沼ようすけさんのメルマガを参考にしています) 

1.Virtual insanity(Nu jazz/2001)

ジャミロクワイの曲。
記念ライブを1曲目からカバーで 来るとは意外!
小気味良いテンポですごく気持ちが良い。
 
2.drivin'(Summer madness/2002)

ソロでこの曲をステージで演奏したのは初めてとのことでした。

ここでMC。
新しいことをやりたいということで、生音の出せる会場を探した。いつも家で弾いてる感じを出したい。的なことを仰っていた。
 
3.Green(Beautiful day/2007)〜
Flowing(Jam Ka Deux/2016)〜Around the love(Three primary colors/2004)

3曲メドレーだったんですね。美しい綺麗な時間が流れました。個人的には、中欧の街並みの午前中、人々が1日の始めているような……イメージをしました。

4.The elements(Jam Ka Deux/2016)


5.Duo Ka(Jam Ka Deux/2016)

Echizenギターから不思議なエスニックみたいな響きを持つギターに持ち替えての演奏。フレットレスギターかと思いきや、スチールギターとのこと。

6.Dlo pann(Jam Ka Deux/2016)

この曲は度々今年のライブで演奏されている。


ソロはここまでで、カイ=ペティートさんを召喚。
小沼さん的に、カイさんはさまざまなグルーヴを持っていて、
音楽的センスも素晴らしく、曲をすぐ覚えてしまうそうで
彼がバンドに入ると、すごくグルーヴが良くなる的なことを仰っていました。

超余談。
小沼さんソロステージで、小沼さんの演奏する姿を見て、やっぱ音楽がうまくなるには顔が丸顔の方が良くて、僕みたいに縦長じゃダメなのかなぁとか訳のわからないことを少し考えていたが、カイさんは縦長で変に安心した。

そして、この後カイさんは最後までステージに。

1.presence(3,2,1 /2006)
2.beautiful day(Beautiful day/2007)

カイさんは、ベース弦をギターに張っているらしく(おそらく低音弦)、
今日のリズム隊の要的なポジションにいらっしゃったと思う。

そしてカイさんのボーカルも聴けたのですが、その声の綺麗なこと、綺麗なこと。。。


そして、ここでジョー=パワーズを召喚。
ハーモニカとブルースハープをご担当。

ブロンドヘアで、いい体格で、ひょうきんで、
僕のフランス人の友人のピエールと重なる。笑

 IMG_0687

3.color of the sky(summer madness/2002)

すげえフェードアウト!!!

リズムも、弾いてる姿もそのままに、
まるでPAがツマミだけどんどん絞っているかのようなパフォーマンス。
めっちゃおもろい。
 
4.fellows(Jam Ka Deux/2016)

新アルバムから。


ここで、ジョー=パワーズ氏、一旦バックステージへ。
そして、ギタリスト石塚隆充さんを召喚。
フラメンコの方で、スペイン生活も長く、近年ではジャズミュージシャンとのコラボも積極的になさっているとか。
白のワイシャツが良く似合う、ガタイのしっかりしたイケメン。
なるほど、スペインに溶け込んでそう。。。

この御三方で、例のアジェンデ(Allende)というトリオらしい。
スペイン語で"beyond"という意味なのかな。

 
5.ti' punch(Jam Ka Deux/2016)

この曲も今年既にライブでも披露されている。
ti' punchとは、ラムとさとうきびで作るカクテルだとか。

 
6.june 7th(GNJ/2014)
7.beyond the sea(Jam Ka Deux/2016)
8.songe mwen(Jam Ka Deux/2016)

途中で、石塚さんによる朗読もあり、びっくりした。
ちょっと聞き取れない部分もあったけど、ポエム的な感じだったかな。

ここで本編終了。
アンコールでは、全員小沼ようすけシャツを着てご登場。
小沼さんが会場に来てくれているゲストを紹介。

anc.Flyway(全員)

おお、まさかFlywayにボーカルがつくとは!
石塚さんがスペイン語ぽく歌っておられた。
あれは歌詞なのかな? 

ああ、素晴らしかった。
本当に音楽って素晴らしいな。
あのセッションの世界に僕も近づきたい。

最後に感想。
1つめ。
今まで僕が来た小沼さんのライブと違うなと思ったのは、
仲間を呼んでからは、小沼さんはもちろんメインなんだけど、
あまりメインメインしていないというか。
前に出過ぎないというか。

演奏者皆が並列な感じに僕には見えた。
小沼さんは真ん中には立ってるんだけど、
本当の中心にあるのは、小沼さんてよりは、音、音楽、絆、何かこう、目に見えないもの。
何だろう。
 
だから演奏者達が並列というか、それらを周りに囲っているかのような。そんな感じ。
小沼さんがそう狙っていたのか、
たまたまそうなったのか、
僕が勘違いしているか、
答えはわからないけど。

と、思ってたら、メルマガでこんな文章が。

flywayは渡り鳥の空路という意味で、旅の途中で仲間と出会いVの字を作り一緒に前へ進もうという意味が込められています。

そう、まさにそんな感じがした。
あながち僕の勘違いでもないかも?

2つめ。
帰り際、カイ=ペティートさんが歩いていて、普通にお互い挨拶した。
やっぱジャズっていい。ジャズって本当にコミュニケーションの要素が大きいと思う。
演奏はもちろん、演奏以外でも。
アーティストにこんなに気軽に挨拶できるってジャズ除いたら、AKBくらいでは??笑

しかも、ライブ翌日に小沼ようすけメルマガでメッセージとライブのセットリストを配信してくれる。
すごい!

3つめ。
小沼さんがアンコール前にゲストを紹介していて、
「30代後半で会社を辞めてミュージシャンになった永田ジョージ!」
という紹介が、超気になった。。。
30歳からジャズに熱中したらどうなるか実験室の研究員として。

もちろん、僕とはレベルが全然違うんでしょうけどね。わかってるよ。

で、終演後勇気を出して、声を掛けさせていただいた。。。
イケメンだけど、超気さくでやさしい人。

握手をしてくださって、
お隣におられた「旅するジュエリー」PETHICAを運営する倉岡さんも紹介してくれて、
写真まで撮ってくださって。。。

image

永田ジョージさん http://www.groovepockets.com
PETHICA http://www.pethicajewelry.com/story.html

ジョージさんは18歳からピアノを始めたそうです。
素敵な音楽がウェブ上でも視聴できます。
今度ライブで観に行きたい。

僕の汚い姿を見て、何を勘違いされたのか、

「おしゃれですね、なにかのアーティストですか?」

的なことを言われたのですが、いえいえ、私などはそんな高尚な人間ではありませぬ。。。
でも、こういう時に「はい、自分はこういう人間です」と堂々と語れて
こんな人たちと同じステージにというか、レベルに上がれたらなと強く思った。

よーし、がんばるぞ!!

素敵な音楽と素敵な出会いをさせてくれた、この日に感謝。
小沼さん、ありがとうございます。


   

Gibson Memphis / ES-275 Faded Cherry 2016 在庫あり/送料無料【WIN16G1】

価格:348,000円
(2016/12/8 14:29時点)