なんかわからないけど、月曜から平日昼働いて夜ご飯食べてギター弾いてって生活を繰り返して、そのまま金曜を迎えると、夜ウズウズするんですよね。繰り出したくなりますね。

bruno-cervera-408707-unsplash

JAZZ CAFE DINING BAR Jammin'というジャズバーが都立大学にあります。 

しかも、このお店はホームページでスタッフ急募と出ていた!働き方を変えようと思っている私にとって候補の一つ。その詳細もついでに聞きに行こうと思った。また、いつもの「いや、今じゃないんじゃいか」病が出たが、「怖じ気付いてるだけじゃねえの?」と自分をdisり、一人でお店に向かいました。

この日はピアノソロ 進藤陽悟さん。
ジャズスタンダードとオリジナルを織り交ぜたリラックスした、しかし魂のこもった演奏。


金曜夜に一人でジャズバーで、食事して、たまに本でも読みながら、ピアノソロをしっとり聴いて過ごす、って大人で贅沢ですね〜。僕にとっては好きな時間の過ごし方。

1st
Forever life
I can't get started
Smile (チャップリンの曲なんですね)
Last metal?
ラ パショナリア(Charlie Haden)

2nd
Fly me to the moon
まってんしの涙
Regret (滝廉太郎)
オリジナルのバラード曲
精霊のなんとか

いつもの如く曲名があやふや。。。
3rdもありましたが、寝不足なのもあって切り上げました。

この進藤さん、ピアノトリオを20年やっているほか、フジテレビの音楽を担当していると仰っていました(57曲くらいやったと)。すげっ!!

でもこの世界でよく思うのは、これだけの才能あふれる人がライブやって集客一桁か。。。ということ。しかも大体常連、年配。厳しいというよりは、つれない業界だな、と。逆に何か上手くやれば、チャンスがあるんじゃないかとも感じる。

で、急募のスタッフはもう既に締め切ってしまったらしい。ちょっと残念。「急ぎませんので、いつかまたチャンスがあれば!」と申し添えておきました。

するとおじさん、「うちは学生がメインで卒業したら辞めちゃうから。楽器なんかやってるの?」などと優しく受け答えしてれました。ここ来たのまだ二回目だけど、店の雰囲気がよく、見たこともない立派なスピーカーあり、活発にジャズライブやセッションも行われているようで、働きたいなぁと思ってしまった。

週末ジャズライブ三連戦の初戦の夜のレポートでした!