イケメン音楽船団、Allende(アジェンデ)。
8/28火曜、渋谷Living room cafe。
主観まみれのライブレポートです。

IMG_1532

石塚隆充さんが初のセンターに

僕は以前に、逗子マリーナリヴィエラ鎌倉tsuu(with 岩原大輔)で観たことがあって今回が3回目なのですが、今回は大きな変化があったように感じました。

僕の今までのAllendeに対する印象を正直に、そして乱暴に大袈裟に話すと、小沼さんがリーダーで、カイさんがアシスト、石塚隆光さんがそこにスパイスを振りかけるという感じでした(あくまであえて大袈裟に書いてますし、そして主観です)。しかし、今回はいい意味で小沼さんのバンドコントロール感が薄れ、3人の対等性が増した感じがしました。

特に、石塚隆光さんの存在感、フレーバーがいい感じに濃くなった印象を受けました。過去2回のライブでは、僕が一番印象に残ったのは小沼さんだったのですが、今回は石塚隆光さんでした。それは3人のステージポジションにも現れているようでした。いつもは小沼さんがセンターでしたが、今回は石塚さん。歌でもギター伴奏でも石塚さんがバランスよく前に出てきたような。僕は石塚さんの歌もあのフラメンコギターが前面に出てくるとにやにやしちゃいます。すんごい気持ち良いんですもの。で、あの男っぷりと、ジェントルマンっぷりでしょ?男の中の男ですな...。

また、カイさんもご自分から仕掛ける場面が過去よりも目立った気がします。ボイス、ベース、ギター。1人でトリオ分担当してるような不思議な感じですね。今日はBass VIではなく、変態ギターにアンプはMarkAcousticです。

小沼さんの機材は、Nishigaki製漆&檜ギター、Nishigaki製フレットレスギター、Echizenガットギター(ノンカッタウェイ、14Fジョイント)の3本。アンプはAC801Pのみ。ガットギターは、ピックアップがなくマイクで拾っておられました。今日はどちらかというと、ご自分のプレイよりも、Allendeという船をどう操縦するかにより神経を使っていたように見えました。あえて2人をちょい窮地に追いやって、さぁどうする?みたいなこともしてたような笑。見てる側もドキドキしてしまう、そんなステージでした。

IMG_1525

セットリスト

1st
Flyway
Aquelas coisas todas
Angie (Rolling Stonesなんですね!)
Beyond the sea〜石塚隆光さん置いてけぼりw

2nd
Wind
コンパニエーロ (石塚さん小沼さん共作)
Me que de (メケデ)
Jungle

Encore
New beginning


最後に余談

この素晴らしいトリオをもっとより良く演出するとしたら、衣装をなんかエキゾチックにするともっと雰囲気が出ていいかもしれないですね。とか思いました。大航海時代の感じとか、旅人みたいな感じとか。Inspired Guitar Duoのアー写みたいなやつが超絶似合いそう。

↓こんなんとか。

↓こんなんとか。

それと、渋谷living room cafeは、出演アーティストの特別メニューを作るんですね! 

FullSizeRender
FullSizeRender

こちらは小沼さんのBeyond the sea。好物のパスタ、ペペロンチーノ、魚、ズッキーニ、サルサソースが素晴らしくブレンドされた一品に。カイさんは、the other sideという名のカクテル、石塚隆光さんは男のカクテル、その名も羅針盤!塩味の効いた大人な味でございました。