emma-simpson-153970-unsplash

早朝に仕事すべき!朝に練習すべき!朝活始めました!などなど、世間の朝活動することに対する期待は大きいですよね。

でも最近僕は、感覚的に朝ギターの練習に集中するよりも午後の方がいいなーと思っております。その悩みに一旦決着をつけたく、整理してみます。

朝は大事だ派

メンタリストDaiGoさんは超集中力で、名だたる世界のトップ企業のエグゼクティブ達が早起きであることを例に挙げ、トモ藤田さんは耳と感性でギターが弾けるようになる本で、朝練の方が集中できると説き、宇田大志さんはYouTubeで、朝起きたらまずギターをしてたという経験談を語っておられます。あとうる覚えなんですが、小沼ようすけさんも、サーフィンで怪我をして入院した時に、規則正しい生活をしていたので、朝からギターを弾いてたら、欲しかったフィーリングを見つけた!的ことをどっかの雑誌かなんかで語ってた記憶があります。
僕自身も以前にこのブログで、朝ギター練習することがいいんじゃないかという体験談を書いたわけですが、最近どちらかというと午後以降に練習する方が好きという感覚を持っています。午前は色々他の雑務をこなして、午後以降にギターに向かうのが落ち着きます。

朝がいいとは限らない派

そんな折、パレオさんのブログでこんな記事を見つけました。

これを読むと人によって得意な時間帯が違うんだな〜と、ちょっと安心します。ちなみにこの記事のリンク先にある朝型/夜型診断をやってみたのですが、自分は「どちらでもない」という、つまらない結果が出てしまいました笑。
例えば、サキソフォニストの菊地成孔さんとかは夜型っぽいですよね。夜中にブログを書くのにPCにガンガン向き合っている日常が情熱大陸で紹介されていました。

自分はどうするか

というわけで、朝が得意な人は朝練習すればいいし、そうでない人は無理に朝にこだわらなくていいのではないかという考えに落ち着きました。僕は午後本格的にやることにします。