以前、トモ藤田さんの影響を受けて基礎練を始めた話を書きました。

演奏能力開発エクササイズをAmazon videoで観てた矢先、Twitterでご本人からありがたいお言葉を頂戴してしまいまして...。



神ですな。ありがたや...

しかしながら、そのありがたい練習メニューをたった10日間で中断してしまったことをここに告白します。

僕がやっていた基礎練

1)クロマチック運指練習(1212-3212-3432-1234、1-9Fの間のみ)
2)スウィングリズム練習(Bbブルースで)
3)Cメジャースケール(演奏能力開発2ソロ編に出てくるやつ)


これらをビデオに撮りながら練習しては、チェックしてみたいな感じで進めていました。
ビデオチェックしながらやっていると、トモさんが仰るよりもそれなりに時間もかかるんですよね。

やはり若干の疑問が出てきてしまいまして。
「これって意味あるのかな?」と。特にクロマチック。

トモ藤田氏ご本人も「この練習は楽しいものじゃない。最低2週間以上続けていると効果がわかってくる。」と仰っていましたから、それを信じて割と楽しんでやっていました。

ある尊敬するミュージシャンに相談してみた

ところが、ある日、別のミュージシャンにこのエクササイズの意義について相談していたところ「いいと思う。モチベーション維持になるしね。.......でも僕もこういうのやっていたけどすぐ止めちゃったなぁ。」とのお応え。なんでもその方は、身体的な特性上もクロマチックを4本の指でやるのはやや難しかったということ、運指を鍛えたいならエチュードとかに取り組むのもいいかもねとのこと。このミュージシャンはMy favorite musicianなので、自然とそれで「俺もやーめた」ってなっちゃいまいした。クロマチックだけやめるならまだしも、気分的に3つともやめちゃいました。

このクロマチック練習は宇田大志さんもやる意味ないと仰っていましたね。どの動画か忘れましたが。。飲みトークかな?それやるくらいなら、スケールやったり、Confirmation、Donna Leeとかパーカーの曲のテーマ弾いた方が良いと。

......見つけました!4:21あたりからですね。


さて、自分はどう考えるか

僕自身はどう考えるかというと、クロマチック練習って確かに簡単なように見えて簡単ではないもののように思うのですが、これができるようになったからと言って、こんな運指あまり実際の演奏で使わないし、これが習熟したからって実際のフレーズの運指が良くなるかといえばそうではない気がするので、あまり自分には効率が良くないかなと考えています。ただ宇田さんが上の動画で仰るように、ギター始めたばかりの初心者にはいいのかなとは思います。

そこで僕は何をしていくかですが、エチュードとして先のミュージシャンがオススメしていた本を買おうかとも悩みましたが、それなら今まで自分がコピーしてきたやつをエチュードとしてやればいいんじゃない?となりました。なぜなら今までコピーしてきたものもたくさんあるし、ガンガン忘れていっているし、まだちゃんと弾けるようになってないのも多く、それらを消化せずにまた新しいものに飛びつくのはもったいないだけかなと。というわけで、今は1年半くらい前にやったWes MontgomeryのFour On Six(At the half noteの音源)をエチュード化するため、譜面に起こしております。ちゃんと分析して何が起こっているのか理解しながら弾きたいからです。

最後に

改めてですが、本当に人によって練習の仕方や主義は全然違うのだなと感じました。

でもトモ藤田さんはバークリーの先生ということで、世界トップクラスの学校でいろんな生徒を見てきて、特に教育者のプロである感じがするので、その方の言うことはある程度正しいんじゃないかなと思ったりはするのですが。。。

僕は単純なクロマチックは多分もうやりませんが、基礎練は必要な気がしているので再構築していきたいと考えている所存です。