austin-schmid-486171-unsplash

今更ながら、トモ藤田さんという素晴らしいギタリスト、ギター講師の方を知りました。


トモ藤田さんのギター練習メソッドはネットにもたっくさんアップされておりまして、それらに出会い、「うわー、今までの練習の仕方は間違えていた!!」と気付かされたことがたくさんありますが、その中でも超大事だと思うことをメモしておきます。

今回は、「ゆっくり練習する」ということ。

ゆっくりとは、テンポのことでもあり、自分の成長への期待度でもあります。

トモ藤田さんは、「ゆっくり確実に練習していこう」と呼びかけています。速く弾きたいからといって無理矢理テンポを上げていくなと。そうすると雑なものが雑なままテンポだけ上がるので、雑な演奏にしかならないと。冷静に考えればもっともなのですが、僕はコピーしたフレーズとか練習してて、「なかなか上手くならないなー、未だに雑だなー」と感じていました。「なんて自分は下手くそなんだろう、悔しいな。センスがないのかな」と。でも「圧倒的量」をこなしていけば、そのうち指が慣れてきて全て丸く収まっていくのだろうと。ある日魔法のように指がするする動いていくのだろうと。

でも違いますね。。。そういう風に無理に練習していると、「悪い癖が上達していくだけ」というトモ藤田さんの言葉が刺さりました。

思えば、大学で空手をやっていた時も、突きや蹴りなど、ひとつひとつの動作をまずはゆーーっくり練習させられました。そうやってまずは正しい形を体に覚え込ませるのだと。

そんなわけで、演奏能力開発エクササイズというのを始めました。
Amazon PrimeだとDVDより安くていいですね!





シリーズ4くらいまで出ていますが、まずは(1)と(2)ソロ編を。

このように練習しております。

基礎練だからつまらないかなと思いきや、割と楽しめています。本当にギターが好きになってきた証拠でしょうか。もっともまだ始めたばっかですが。。。