個人的に、iRealProはすごい便利だとは思うのですが、好きなツールかと言われればそうでもありません。

unnamed


理由は一つだけで、あの無機質な伴奏は心地よい音楽とは感じられないからです。
練習後にその音が脳内に流れてきたりして、「あまりインプットしたくない音だな」と感じます。 

マイナスワンで練習したいのであれば、
  1. 自分でバッキングトラックを作る
  2. メトロノームだけ鳴らしてコードは頭の中で流す(難しい。。。)
  3. リズムもコードも頭の中で流す(もっと難しい。。。)
という方法もありますよね!

1は当然ながらバッキングの練習にもなりますよね。
2はコードや曲の進行を把握するいいトレーニングになります。

しかしながら、ギタリストやピアニストにとっては1は比較的簡単ですが、管楽器やドラム、ベースの人たちにはやや難しいでしょうか。。

ま、でももちろんiRealProが便利であることには変わりはないので、頼りすぎずに本当に必要な時だけ使っていきたいなという感じですね!