昨日、ポップスのバンドで5時間スタジオに入って練習しましたが、家に帰ってからも寝るまで、そのバンドで聞いた音が頭の中で鳴っていました。

これは、つい先日のSomthin池袋のセッションに参加した後もそうでした。

生音というのは脳に焼きついて、記憶に残りやすいのでしょうか。 


この仮説が真実とすれば、
  • 一流のミュージシャンのライブの演奏を聴くこと
  • 上手い人とセッションをすること
がすごく重要な気がしています。


前のギターの先生も今の先生も、セッションの相談をすると、初心者のセッションには行かなくてよい、上手な人が集まるセッションにいって上手い人に成長を引っ張ってもらった方がよい、とアドバイスを受けます。上級者のセッションに行くなんて正直腰が引けてしまいますが、どうやらそうすべきなようです...

耳に残ってしまうなら、より上手い演奏を脳に刻みたいですもんね。