小沼ようすけさんの盟友であり、Allendeのメンバーでもあるカイペティートさんのソロライブを観てきました。シャーマンズというグループでもご活躍されているそう。

12/7木曜@原宿LIVE NOTE CAFE


このお店はカラオケバーらしい。結構お客さんがいた。20人くらい?

1st

Yellow taxi 
Joni Mitchelの曲。

Englishman in New York
好きだなぁ、この曲。Stingの曲なんだ!Aメロやサビのメロディーがエモい。"Be yourself, no matter what they say"って歌詞も佳い!ここで変態ギター登場。てかカイさんソロとか言ってるけど、ボーカル、ギターの他にベースも聴こえて来るよ!これKaiトリオじゃん!すごい!グルーヴが最高に心地よい。

夕凪
インスト。地元の稲村ヶ崎をイメージして作ったというKaiさんオリジナル。すごい綺麗。

Caledonia
Allendeのレパートリーでもあるカバー曲。これ特に感動した。なんでだろう、Allendeライブでも自宅でも聴いて耳に馴染んでいるせいもあるかもしれないが、この曲の持っているパワーがKaiさんの声にすごいマッチして化学反応してる気がする。美しくて仕方ない。カイさんが歌うCaledonia本当に大好き。

Night flight
このカイさんオリジナルもすげえカッコいい!すっげえカッコいい!

Autumn leaves
すげー!変態ギターとか言ってるけど、本人も変態だ、こりゃ...

2nd

The water is wide
大橋トリオもカバーするこの曲。いいわぁ。

Blackbird
Beatlesの曲。原曲は割と平坦に朴訥と歌ってく印象があったけど、カイさんアレンジではダイナミズムがつけられてた記憶。

The Christmas song
Nat King Coleの曲

Your song
Elton Johnの曲

Walk in Atlantis
うおっ!Caledoniaに続いてまたAllendeのレパートリーだ!嬉しい(^-^)
この曲はこの印象的なサビのテーマも好きだし、曲後半の謎めいた展開も好き!でもいつも小沼さんがサビでオブリみたいなのを弾いてるのに聴き馴染んでいるから、それがないのがやや寂しかったかも。自分の中で小沼さんパートを付け足した。

KaiさんOriginal(曲名不明)

Encore


I shall be released
Bon Dylanの曲。

ハレルヤーって曲(曲名不明)



感想など

ギターの弾き語りです。でも、弾き語りと言うと、ジャカジャカコードをかき鳴らして、その上にボーカル乗せるみたいイメージがありませんか?カイさんのそれは一線を画す感じで、超上級のギター弾き語りです!伴奏のバリエーションがすんごい豊か。パーカッシブなところとか、あの低音とか、あのグルーヴがとても心地よい演奏だった。あの変態ギターのベース音、ソロライブでその魅力がよりハッキリわかった。

今日は英語歌詞と歌詞のないスキャット(?)のボーカルだったけど、ぜひカイさんの歌う日本語歌詞も聴いてみたい。

カイさんの直近の活動では、今月も渋谷のLiving room cafeで出演する他、湘南方面では、通称"下心"というお店で1/8セッションショーがあるとか。それも楽しそう。1/26にもBar126??とかなんとかでソロライブがあるとか。 

てかこのLive note cafeは、終演後カラオケになるらしい。それはそれでめっちゃ楽しそうだな。