30歳からジャズに熱中したらどうなるのか実験室

いい大人になってからジャズギターを本気で愛してしまった痛い男のブログ

2018年05月


「ちょこちょこ使ったって、何も変わらない」

限界まで使え。“世界の前澤”が語る「お金を増やす方法」はシンプルだった

経済・マネー 2018.05.16 by R25編集部



この記事を読んだ方も多いと思うのですが、僕はこの記事にかなり衝撃を受けました。

<なぜ衝撃を受けたか>
僕がなぜ衝撃を受けたかというと、前澤さんの説くお金の使い方が自分のそれとは全く違いながら、ものすごく説得力があったからです。
とにかく、今自分が使える限界まで使う。
少しずつお金を使ってもたいした体験はできなくて、自分自身は何も変わらない。

僕も完全にお金をちょこちょこ使うタイプで、つい「なるべくお金をセーブしよう」と思ってしまいます。何かをしようと考えるときに、お金のことも気になってしまいがちです。「限界まで使う」などということを考えたこともありませんでした。

でも前澤さんの説く「お金を使いまくることで、経験や人脈を得ることができて、それが次のお金をもたらしてくれる」という、いわば「減らしまくることで増える」という一見逆説に見えるようなことは、これこそお金の本質なのかもしれないと気づかされました。ぱっと見は逆説ですが、ちょっとシンプルに考えれば、「投資する分だけリターンがある」ということであって、逆説でもなんでもないロジカルな真理なのかもと思わされます。もちろんその投資が外れることもあるでしょうけれども、投資を続けることで、投資判断力も磨かれていくということなのでしょう。

こういったことを前澤さんは、計算でやっているというより本能でやっているような印象があります。バスキアの落札もホリエモンなど周囲はZOZOの良い宣伝になって上手いということを発言しているようですが、本人は全くそういう意図はないと、このインタビューで語っています。すごくピュアな方なのでしょうか。。。

ちなみに、金融商品などの投資テクには一切興味がないようです。ここもすごく納得。そしてホッとした自分もいます。苦手なので。。。



<周りの反応>
僕はあまりに衝撃を受けたので、周りの友人たちに彼らの意見を聞いてみました。他の人がこれを読んでどう感じるかを知りたかったからです。実際、僕の周りのいわゆる「意識高い系」(←侮蔑の意味は全くないです!)の友人らは既に読んでいたという人が多かったです。

しかしながら、みんな僕みたいに衝撃を受けたほどのレベルではなく、参考になったぐらいの感じかなと思いました。中には「そう言われてみれば、自分だって○○○にはお金を使ったよ!」という人がいましたが、前澤さんのエピソードに比べると、正直「なんかフツーだなぁ」と思ってしまいました笑。で、実際に何かを変えようと思っている声は聞きませんでした。



<自分はどうしたいか>
前澤さんの記事を読んで、自分のお金の使い方を省みた時に、是非とも変えたいと思いました。(すぐに感化される単純な人間のようです)

正直なところ、自分にはお金を使うことをケチったり、値切ったり、安いものを探したり、という習性が身にしみてしまっていることは否定ができません。。。特に今は、大企業に勤めていた以前と違い、収入レベルも低いので、ガードに入っていることを認識しています。

そして僕は金を使うことをケチるというより、お金を使うのと同時に発生する「時間を浪費すること」や「モノがいたずらに増えること」を嫌って使わないということも多いです。なるべく多くの時間を確保して、ジャズギターを練習したいし、ブログを書きたいし、本を読みたいし、フランス語を勉強したいし、という。

それでも言われてみれば、極上のクラフトギター(オーダーメイド)、新しいギターケース、エフェクター、シールド、本、フランス語先生の紹介料、家事代行サービス....etcをもったいないなー、別にいらないんじゃないかと躊躇したり、なるべく安いものをといくつかのサイトを横並びで見てしまったり、八百屋でつい見切り品の野菜に手を出してしまったり、それでケチってしまっていることを白状しなくてはなりません。



そこで、僕のコミットメントです。
  • まずは自分のお金を使える限界を知る(収入少ないもので泣)
  • 音楽関係にはお金は惜しまない(コンサート、自分の機材など)
  • 時間を買うことになるものにはお金は惜しまない(家事、料理、安いものを探さない)

..................ってなんかここから既にチマチマしている感じがするので、もう一言だけ。


「ケチらない!積極的に金を使う!」


(意識だけ変えるというのが一番効果のない変化と大前研一さんが言っていたっけなぁ.....)


最後になりますが、ジャズミュージシャンで「うわ、この人金使うなー」っていう方をあまり見たことがなくて、彼らどちらかというと物欲ほぼなくて音楽追求欲だけが、前澤さんの物欲のように「キリがない」のかもなと思ったりします。だから必ずしも前澤さんのお金の使い方が万人に良いわけでないとも思います。




昨日の続きであります。

まず、どうやってレパートリーを増やしていくかを考える前に、どれくらい増やしたいかを考えたいと思います。


自分が大好きで、取り急ぎリストアップした曲が前回の記事の40曲。

宇田大志さんは、ジャズスタンダードのレパートリーとして150-200曲くらいは弾けると、ご自身のYouTubeチャンネルで語っていました。

むむむー。一人前のジャズミュージシャンはやっぱ150-200曲なのでしょうかね。ということで一つの指標ができました。

目指せ100曲!

あれ、50−100曲どこ行っちゃったの?という感じですが、マイリストの40曲だけでもできれば嬉しいし、100曲できれば結構いいっしょと思います。

故に、

《ジャズを楽しめるようになるレパートリー曲数》+《ジャズギターが満足に弾けるようになる年数》
=《1年でレパートリーとして増やしたい曲数》

100曲÷5年=20曲/年

昨年2017年をジャズギター元年として、毎年20曲レパートリーを増やして行って2021年までに100曲リストアップできるようにしたいです。

さらに

20曲÷12ヶ月=1.66666667曲/月


毎月2曲新しい曲をレパートリーに入れるように取り組みたいと思います。うん、これなら現実的!


ちなみに、私の中でのレパートリーの定義とは、
  • テーマが弾ける 
  • コード進行がわかる
  • なんとなくアドリブができる
としております。(譜面の要/不要を問わず)



そして、どうやってレパートリーを増やして行くかです。

まず、毎月の曲の選び方ですが、好きな順とかでもいいと思うのですが選ぶのがこれまた迷いそうなので、セッションで出会った曲、自分のライブでやることになった曲、人のライブで聴いて触発された曲という感じでチョイスしていくのがいいかなと。その方がモチベーションが違いますもんね!


そして、以前のブログにPARCメソッドについて書きましたが、このPARCのRはRepertoire(レパートリー)です。このPARCメソッドで、レパートリー増やす時間を忘れないで確保できると思います。



と、まぁ色々ギチギチに論理的に進めて行くように見えるかもしれませんが、たぶん途中で曖昧な感じになると思います笑。これはあくまで自分が練習に取り組む際に迷わないためのただの指標です。


ジャズなどのセッションを楽しみたい僕としては、自分のレパートリーを増やすことも課題と捉えております。

簡単にメモしておこう程度のノリで書き始めたら、結構長くなりそうなので、2回くらいに分けて書くことにします。まず(1)はなぜレパートリーを増やすことが自分にとって大事だと思うかについて整理したいと思います。


まず、これらが是非とも自分のレパートリーにしたいと願ってやまない大好きな曲たちです。


Oleo

Autumn leaves

Summertime

Straight No Chaser

Bag's groove

Now's the time

Billie's bounce

Eb blues

Fly me to the moon

There will never be another you

All the things you are 

Over the rainbow

In a sentimental mood

Wave

Cantaloupe island

Feel like makin love

Affirmation

Isn't she lovely

The days of wine and roses

Someday my prince will come

Four on six

Moon River

Beautiful love

One note samba

Jungle

Fellows

Flyway
My funny valentine 

Solar

Spain

Confirmation

It could happen to you

My foolish heart

Take the A train

Body and soul

But not for me

All of you

On the sunny side of the street

Girl from Ipanema

Isn't it romantic


他にも色々あるのですが、まず40曲に絞ってみました。


徒らに新しい曲ばっかりやっていれば、全部表面的になってしまって結局何も得ていないという状況に陥りそうな感じがしますが、1曲を深掘りしているだけでもつまらなくなるし、それだけで他の曲に対応できるとは思えず、難しいなぁと感じております。



でも自分としてはやはりレパートリーを意識的に増やすというのジャズを志すものには大事だと思っております。色々悩んでいたのですが、理由が下記のように2つに集約できました。



理由1:多様練習

1つのことを集中して学習するよりも多様なことに取り組む方が学習効率がいいという考え方です。

僕の読んだ「使える脳の鍛え方」では、野球のバッティング練習でストレート、カーブ、チェンジアップという複数の球種を別々に練習するよりもランダムで投げられた方が実戦での成績が良かったり、子供の玉入れで90cm離れたところからしか練習してない人と、60cm/120cmで練習した人を使って、90cmでテストをするとなんと後者の方が良い成績を収めたという研究結果があるようです。

また、将棋や囲碁、数学も名人というのは、無数のパターンを覚えている人だということを聞いたことがあります。ジャズのアドリブ演奏なんかも共通するところがあるのでは?と勘繰っています。


そして、物事を学習する上で、「あ、これはあれと同じだ!」という体験はすごく大事な気がしています。脳へのインパクトが大きくて、記憶がかなり強化されると感じるからです。例えば「あ、このモンクのフレーズはパーカーに似てる!」みたいな類の経験ですね。


この多様練習ということに関して、自分にも最近1つ参考になる出来事がありました。僕には大事な友人がいて、僕によくギターを弾いてほしいとリクエストしてくれます。毎回「あれ弾いて」「これ弾いて」とリクエストを頂くのですが、やったことのないポップスの曲が多いもので、その場でスマホでコード進行を調べソロギターをしていました。それで最近「亜麻色の髪の乙女」を弾いてほしいと言われ、いつものようにやろうとしたところ、ふと思い立って僕はスマホを見ないで自分でコード進行をその場で探り当てようと努めて(←話逸れますがこれ良い練習です)、結構できました。これができたのは、KeyがDだったからというのが大きいと感じています。今までKey=Dの曲を結構色々やったので、ダイアトニックコードも把握していて、コード進行もなんとなく想像しやすかったからです。



理由2:「あ、なんだっけなこれ。やったなー。でも忘れたな.....あーこうだ、思い出した!」が大事

長いですが、これはいわゆる「想起練習」ですね。これも結局また「使える脳の鍛え方」にある考え方。

例えばセッションなどで普段自分があまりやったことのない曲をやるとき、仮に深掘りした曲ではなかったとしても、一回でもやったことがあるということは、全くやったことがないよりも、圧倒的に効果的な気がしています。

自分は記憶力はあまり自信がある方ではありませんが、過去に触れたことのある曲だったら、それをめっちゃ深掘りしたのではなくても、それを全て100%を忘れているということはありません。断片的には覚えています。ということは練習しなくても脳には一度入っているということで、思い出せないのはその脳の貯蔵庫までの導線が確率されていないからだと推測します。この導線のことをシナプスっていうのでしょうか??

この「触れる→忘れる→思い出す→忘れる→思い出す→忘れる→.......」というサイクルでどんどん学習が強化されていくはずなので、触れていないのとそもそも学習のスタートラインにすら立っていません。


レパートリーを増やすことが大事だと思う理由はこんな感じです。


でもここまであれこれ考えなくとも、Autumn leavesに絞って深掘りした人がいるとして、その状態でAll the things you areを応用力だけで急に弾けるかと言ったら、無理だと僕は思いますね。


あとは単純に、ジャズミュージシャンで、レパートリーが制限されている人ってまぁいないですからね。。。こんな長文書かなくともすぐにわかる話ではあります...笑


ま、というわけで、次回は、自分がどう取り組むのかメモしていきたいと思います。



標題の件、ようやく落ち着いてきたのでまとめたいと思います。



Jorge Daltoさんというのはアルゼンチン出身で39歳という若さで、癌でこの世を去ったピアニストだそうです。

ジョージ=ベンソンのマシンガンのような速弾きの箇所などを考慮すると、それよりもまだトランスクライブしやすい気がします。全体的にモチーフを展開する場面が多く、音使いやリズムもすごく気持ちいいです。低音域から高音域まで自由に泳ぎ、ギターの指板上でもあらゆるポジションを弾くことになります。個人的にはとても参考になります。ここからたくさん吸収したいです。
 

IMG_9694

IMG_9695



Aメロ1
  • ここでは、P5下の音(P4上の音)を重ねるフレージングが多め。

Bメロ1
  • ここのBm7-Am7-D7-Gmaj7のフレーズすごい好きです。印象的なモチーフを連続して、D7でオルタード感のあるフレージングをしています。Gmaj7でのリズムの感じがすんごくおもしろいです。D7から来た一拍めの入り方、フレーズを止める位置、休符の入れ方。慣れるまで難しいですが、ハマると気持ちいいです。ここではメジャーのII-V-Iですが、マイナーにも解決するフレーズにも応用できそうです。
  • E7のフレージングもクールです。これは一体何をしているのでしょうか。全音上F7を弾いてるように思います。そんなんてありますかね??Fミクソリディアン(R,9,3,11,5,13,b7)に#11が足されているような。もしくはFリディアンフラット7th(R,9,3,#11,5,13,b7)だけど11も弾いているという感じか。
  • A7のとこはAミクソリディアン(R,9,3,11,5,13,b7)をわかりやすく弾く良いフレーズです。

Aメロ2
  • 一番最初のEm9のフレージングが個人的にかなりツボです。自然と歌いたくなります。音使いとしてはシンプルですが、あのリズムの感じや2音でハモっている感じがいいのでしょうね。
  • 次のBm7のフレーズは原曲のテンポで弾きこなすのが難しいのですが、これまたかっこいいフレーズです。

Bメロ2
  • Bm7では3度の音を重ねてダブルストップで弾いているのですが、ここでおもしろいことを発見しました。ハモる音としてAではなくA#を使ってるんです!コードBmから見たら、マイナー7thではなく、メジャー7thを使ってて、つまりメロディックマイナーになってるってことだと思われます。ジャズではお決まりと言われる音使いですね。
  • Gmaj7からサブドミナントマイナーのGm7に変わる箇所では、Gの3度であるBがナチュラルからマイナーになることで、サブドミナントに行った感が出てるかと。ちなみにこのBbは曲のキーBmから見たらM7thですね。大き〜く捉えたらメロディックマイナーみたいに響いてるってことなのかな???
  • 最後のDmaj7に向かう循環進行の箇所はおそらく6連符で畳み掛けております。最初難しくて採譜を諦めましたが悔しくて「もう一回トライしてみよう!」と執拗にチャレンジして、なんとなくできました。原曲のテンポでギターで弾くのは僕には難しいです。。。ここはBmブルーススケール+b13th+クロマチックスケールというような音使いです。


こちらが、トライした動画です。いやー難しい!笑





この1週間、音楽聴いてて体の芯まで痺れることが多かったので。
定番すぎて、当たり前すぎて、もはや挙げることすら気恥ずかしいような曲もありますが、嘘偽りなくメモしておこうと思います。


(1) Europa

Studio Jams
Gil Parris on guitar
Jason Long on piano
Bakithi Kumalo on bass
James Rouse on drums

 

「のっけからジャズじゃねーじゃねえかよ!この青二才が!」というお叱りの声が聞こえてきそうですが、そんな方に僕はこう言ってやります。「ごめんなさい」と。
ごめんなさい笑。でも、この記事はこの曲をきっかけで書こうと思ったのです。いつものように風呂場で音楽を聴いていた時にこれが流れて、最初「うわぁメロディーがなんか昭和の匂いするなぁ。なんだっけこの曲、あぁサンタナのEuropaか」と感じで若干引いてたのですが、容赦なく押し寄せるエモに、シャワーの音が邪魔になってお湯を止めちゃうくらい聴き入ってしまいました。
まずなんと言ってもギターが絶品。ボリューム奏法で儚い記憶のような世界を見せてくれたり、ボーカルみたいに音をかすれさせたり、もうお腹いっぱい。超コピーしたい。で、そのフロントマンを下から支えるドラムとベースの音もゴージャス。ピアノも優しく寄り添う。涙腺を激しく襲ってくる。みんな大好き。もちろん曲そのものもすごくいいと思う。こういうジャズスタンダードではない曲も、セッションでやってみたいなぁ。

このStudio Jamっていう企画のセッションはすごくおもしろいので他もオススメです。Cantaloupe isalnd、In a sentimental mood、Chameleon、Cissy Strutあたりがお気に入りです。



(2) Feel like makin’ love

Will&Rainbow
Michael Brecker on tenor sax
Cornell Dupree on guitar,
Gordon Edwards on bass
Steve Gadd on drums



これは数年前に僕が初めてFeel like出会った曲で、ゆったりとしたテンポでリラックス感が超イイ。古代ギリシャの神々がセッションしたらこうなりそうっていうセッション笑。これを休日の晴れた朝とかに聴いたら、どんな人でも「幸せって何?」って質問に簡単に答えられると思います。
ギター、ピアノ、サックス、キーボードが展開するソロがまぁ絶品。みんな弾き倒さず歌っています。全部コピーしたい。
しかしながらこちらのサイトでの評価はだいぶ厳しいです。ピアノとエレピのソロは大したことないみたい。ガーン笑。ま、でも僕は大好きですけどね。



(3) Blue ‘N’ Boogie

Wes Montgomery on guitar
Johnny Griffin on tenor sax
Winton Kelly on piano
Paul Chambers on bass
Jimmy Cobb on drums



あるミュージシャンが影響を受けたブルースの曲として挙げていらっしゃったことがきっかけでちゃんと聴くようになってハマったブルース。前からFull Houseを聴いた事はあったのですが、青二才の私はあまりピンと来ておらず、これがきっかけでようやく良さがわかるようになって来ました。今ではウェスのソロをシャドーイングして気持ちよくなっております。めっちゃかっこいいです。



(4) Autumn leaves

Cannonball Adderley on alto sax
Miles Davis on trumpet
Hank Jones on piano
Sam Jones on bass
Art Blakey on drums 



こちらも名盤中の名盤ですが、何回も聴いた今でも痺れます。先日ドライヤーをかけようと思ってたらスピーカーから流れてきてしまったもので、10分59秒間ドライヤーを手に持ったまま止まってしまいました。Ahmad Jamalに影響を受けたらしいイントロに始まり、Milesのテーマ、Cannonball Adderley、Miles、Hank Jonesのソロ、どれもエモが溢れておりますよね。でもやっぱり特に3プレイヤーのソロがもう大嫌いです(←大好きすぎてメーター振り切れて....笑)。これも全部コピーしちゃいたい〜...。



(5) Autumn leaves (Bill Evans)

Bill Evans on piano
Scott LaFaro on bass
Paul Motian on drum



上のキャノンボールの枯葉に触発されて、彼は関連で久しぶりにビルエヴァンスverも聴きたくなって聴いてみたけどやはりこれも相当良いですね。Bill Evansによるスタンダード曲演奏って、アレンジが結構入るので、曲ももはやBill Evansのオリジナル曲みたいな感じになって来ますよね。僕この曲聞いてると途中でロストします笑。

枯葉は元々好きな曲で、初心者曲としても自分も何回もセッションで弾いているのですが、普通の枯葉じゃなくて、そろそろ僕なりの枯葉をやってみたいなぁ。



↑このページのトップヘ