AEON STYLEという大型スーパーで定期的に、無料のジャズライブが開催されている。

(ちなみに、書きながら「あれ?」って思ったけど、英会話のイーオンと、スーパーのイオンは、同じAEONらしい。グループ会社とかでもないらしい。)

このイオン。平日昼間から、じいさん/ばあさん/主婦しかいない店内で、Miles DavisのBye Bye Blackbirdを流しちゃう、なかなかエモいスーパーだ。


実は、数ヶ月前にもここにジャズライブを、観に来たことがあった。 キーボードとウッドベースのデュオだった。完全に主観だが、若い男性ベーシストは素晴らしかったのだが、キーボードのおっさんは、斜に構えている感があり、聴衆を見下している感があって(音楽をここまで極めている方に、そんな方本当は多分いないのだろうが、そんな印象を受けてしまった...)、上手ではあるはずなのに、全く僕の心には響いて来ず残念だった。不器用な方だったのだろうか。でも、僕はそれ以来、イオンスタイルの提供する無料ジャズライブから遠ざかっていた。


しかし、久々にライブスケジュールを見たら、ギタリストとフルートのデュオライブのお知らせ。
image

ギターと単音楽器のデュオって、ギタリストはどうこなすんだろう、特にソロとか...ということに興味があり、見に行くことに。

で、今回はチョーよかった! 
特に、フルートのお姉さんが眩しすぎて... 

<パーソネル>
フルート 酒井麻生代 (マキヨと読むらしい)
ギター 皆川太一


イオンの中にあるカフェ/バーでこんな感じ↓のライブ。
IMG_6348
中にちらほら若めの人も聴きに来ていたが、客の年齢層は高め。
でもお二人の演奏で、素敵な時間が流れていた。


30分くらいの演奏で、セットリストはこんな感じ。 
  • Nostalgia ルイス・サリナス(Luis Salinas。アルゼンチンのギタリストの曲と仰っていました)
  • No more (皆川さんのオリジナル)
  • フランスの作曲家のクラシック音楽を酒井さんがジャズアレンジしたやつ
  • 酒井さんオリジナル曲
  • Close to you (カーペンターズの名曲。パーカッシブにリズムがアレンジされていた)  

ギターの皆川さんは、本職がボッサとかのラテンなのだろうか。ガットギターで巧みに音色を奏でていた。すごくいい感じ!ビラを見たら、なんとバークリーご出身らしい。わお。ギターソロに入るって時、「さて、こういう時ギタリストはどうするのかな〜」って注目していたら、ご自分のバッキングをルーパーに覚えさせてソロを演奏されていた。たぶんそう。なるほど〜。 

IMG_6352

で、演奏にも引き込まれたけど、フルートの酒井さんの美しさにも引き込まれた。気を抜くと酒井さんを見てしまった。いかんいかん!ギタリストの皆川さんと指板を見るんだ、オレ!!

こんなライブが無料見られるなんて!イオン、素晴らしい!